メディア個別 【アデノイド顔貌以外も!】どうやって見分ける?アデノイドによる諸症状 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第3回 | 歯科医師が解説「アデノイドとアデノイド顔貌」

【アデノイド顔貌以外も!】どうやって見分ける?アデノイドによる諸症状

鼻腔内の奥にあるリンパ組織、アデノイドが肥大することによって、口呼吸になり上の前歯は前に出て下あごが後退し、上あごがもっこりした表情になる。いわゆる、アデノイド顔貌は、アデノイドが肥大した人の象徴的な症状だが、このほかにもアデノイドによる体への影響は様々あるという。

『国際人になりたければ英語力より“歯を磨け”』などの著書をもつ、歯科医師の宮島悠旗さんに話を伺った。

■今回のアドバイザー
歯科医師(歯学博士・日本矯正歯科学会認定医)
宮島悠旗さん

2005年3月 愛知学院大学歯学部卒業後、2006年3月 東京歯科大学にて研修医修了、研修医修了証取得。2010年3月 東北大学大学院歯学研究科卒業、歯学博士取得。2011年11月 東北大学大学院歯学研究科口腔保健発育学講座顎口腔矯正学分野 助教、日本矯正歯科学会認定医取得。2014年1月 宮島悠旗ブライトオーソドンティクスを起業。最新の技術で「噛み合わせ」と「エステティック」に配慮し、患者一人一人の要望に応える矯正治療を追及。矯正治療の技術を生かした一般歯科とのチーム医療で、歯の寿命を延ばし健康な体を保つために、理想的な噛み合わせを整える治療計画を提案している。

「アデノイド顔貌」以外にも多い「アデノイド」起因の症状

アデノイドとは、鼻とのどのちょうど間あたり、のどちんこの上程に存在するリンパ組織のこと。アデノイドが肥大すると鼻呼吸がしにくくなり、口呼吸に。口呼吸をすると、ウイルスや細菌が取り込まれやすくなり、アデノイドがさらに肥大する。

アデノイド顔貌は、アデノイド肥大によって口周りの筋肉バランスが乱れ、下あごが発達せず、上あごよりも後退してみる症状のこと。見た目にもわかりやすいが、このほかにも様々な症状がアデノイドによって引き起こされる場合があるという。どんな症状が起こり得るか、まずは列挙しよう。

-ろうと胸
アデノイドが肥大すると呼吸がしにくくなり、息を吸う際に従来よりも強い力が必要となる。そのため、みぞおちが凹んでしまう。女性よりも男性に多い。

-出っ歯・受け口
アデノイド肥大によって口周りの筋肉バランスが悪くなり、いつもポカンと口が開いてしまっていて、唇が歯を内側に押す力が弱いまま成長すると出っ歯に、舌の筋力が弱いために舌がいつも降りてしまっていて、下の前歯を押す癖がついたまま成長すると受け口になりやすい。

-猫背・反り腰
アデノイド肥大によって口周りのバランスが悪くなり、下あごが後退すると、体の重心を前にとろうとするため猫背に。逆に、下あごが前進すると重心を後ろにとろうとするため反り腰に。

-睡眠時無呼吸症候群
アデノイド肥大によって鼻呼吸がしにくい状態となり、口呼吸が常態化。肥満などによって就寝時舌が気道をふさぎやすくなる。

-学習障害
アデノイド肥大によって呼吸がしにくくなると、血中酸素濃度が低下。酸欠状態になり、これが幼少期の場合学習障害の原因につながっているという説もある。

気になるアデノイドの症状はどこに相談するべきか?

実際、アデノイドに関する症状かどうか、不安を感じた場合、いったい何科に相談するべきなのだろうか? 歯科? 耳鼻咽喉科? 呼吸器科? はて…。

「鼻や口、呼吸の症状が気になる場合は、耳鼻咽喉科に。矯正など歯にまつわる症状も伴う場合は、矯正歯科に相談するのが良いと思います。矯正歯科に相談した場合も、一度耳鼻咽喉科に相談するように指示されることが多いと思います」(宮島医師)

もちろん、上記諸症状はアデノイド肥大ではなく、生まれ持っての骨格による症状の場合も。気になる症状があるなら、かかりつけ医師に相談しよう。

Text by Daisuke SUZUKI(KOUMUTEN)

editeur

検索