edt_adenoid_02
- 歯科医師が解説「アデノイドとアデノイド顔貌」 -

鏡の前で顔をチェック!アデノイド顔貌とその原因とは?

文字で説明するのはなかなか難しいが、顔を横から見た際に、なんとなく下あごが背中側に後退しており、あごが目立たないような顔立ちだったり、上あごがもっこりと目立った顔立ちというものがある(伝わるだろうか)。

こうした顔立ちはアデノイド顔貌という症状の可能性が高く、遺伝的な要素よりも生活環境における悪習癖が原因だという。『国際人になりたければ英語力より“歯を磨け”』などの著書をもつ、歯科医師の宮島悠旗さんに話を伺った。

■今回のアドバイザー
歯科医師(歯学博士・日本矯正歯科学会認定医)
宮島悠旗さん

2005年3月 愛知学院大学歯学部卒業後、2006年3月 東京歯科大学にて研修医修了、研修医修了証取得。2010年3月 東北大学大学院歯学研究科卒業、歯学博士取得。2011年11月 東北大学大学院歯学研究科口腔保健発育学講座顎口腔矯正学分野 助教、日本矯正歯科学会認定医取得。2014年1月 宮島悠旗ブライトオーソドンティクスを起業。最新の技術で「噛み合わせ」と「エステティック」に配慮し、患者一人一人の要望に応える矯正治療を追及。矯正治療の技術を生かした一般歯科とのチーム医療で、歯の寿命を延ばし健康な体を保つために、理想的な噛み合わせを整える治療計画を提案している。

「アデノイド顔貌」の前に知りたい「アデノイド」とは?

そもそもアデノイドとは、鼻とのどのちょうど間あたり、のどちんこの上程に存在するリンパ組織のこと。呼吸した際には外気中のウイルスや菌など、人体にとって様々な有害物質も一緒に吸い込んでしまうが、アデノイドはこれらが侵入した時に感染を防いでくれている。

「人間のリンパ組織は幼少期ではまだ未発達。そのため、5歳くらいまでの免疫力が弱い器官はウイルスや細菌に対してアデノイドが過剰に反応し、一時的に肥大化する傾向があります。その後は加齢とともにリンパ組織が発達し、免疫力が身に付くため、アデノイドの肥大はおさまっていくのですが…」(宮島医師、以下同)

アデノイドが過剰に肥大すると、鼻呼吸がしにくくなるため、口呼吸になりやすい。小さい子が「ぽかん」と口を開けていることが多いのもそれが原因のことがあるのだが、リンパ組織が発達し免疫力が身に付いても口呼吸の癖が抜けない人は一定数いると宮島医師。

「口呼吸は鼻呼吸のように、鼻毛や粘膜といったフィルター機能がないことから、人体にとって有害なウイルスや細菌が入り込みやすいのです。すると、アデノイドはより反応が強まり、肥大化を促進させてしまいます」

アデノイドが「アデノイド顔貌」を生み出すのは?

アデノイドが肥大すると鼻呼吸がしにくくなり、口呼吸に。口呼吸をすると、アデノイドがさらに肥大するという、悪循環になってしまうことはよくわかった。

では、どうしてアデノイドが顔立ちにまで影響してくるのだろう?

「人間の歯やあごは安定しているわけではなく、生活習慣やその人のクセによって、常にその位置が変化しています。口呼吸が常態化して口を開けた状態が続くと、舌と口周りの筋肉が衰えるため、下のあごが発達せず後退してしまうのです」

普段意識することはないが、唇は口唇圧(こうしんあつ)、頬は頬圧という、口の内側に向きの圧力を歯に与えている。対し、舌には舌圧があり、口の外側に向かって圧力を歯に与えている。内と外。この圧力のバランスが、あごの骨の成長や歯並びにも大きく影響しているのだという。歯並びがいい人は、この力のバランスが良いのだ。

アデノイド肥大で口呼吸が増えると、口周りや舌の筋力のバランスが悪くなった結果、成長期では上あごに対し下あごが発達しない、成人でも上の前歯はだんだん前に出てきて、下あごはだんだん後ろにひっこんでしまう、これが、アデノイド顔貌の原因だ。

「歯並びの異常、あごのずれは様々な悪習癖の組み合わせによって起こります。例えば口呼吸でいつも口を開けていて唇が上の前歯を内側に押す力が弱まるといわゆる出っ歯に。舌が下の歯を押す癖があると受け口になります。呼吸と歯並びや顔の印象は、密接な関係にあるのです」

かみ合わせや顔立ちに何か悩みを抱えていたら…。その原因は、呼吸にもあるかもしれない。

Text by Daisuke SUZUKI(KOUMUTEN)