メディア個別 睡眠時無呼吸症候群の原因にも 鼻の奥に存在するアデノイドとは? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1回 | 歯科医師が解説「アデノイドとアデノイド顔貌」

睡眠時無呼吸症候群の原因にも 鼻の奥に存在するアデノイドとは?

加齢とともに、いびきの大きさが気になってきたという男性も少なくない。途中でいびきが止まる様を家族から心配され、睡眠時無呼吸症候群を疑われるケースもある。

加齢による肥満がいびき、ひいては睡眠時無呼吸症候群の原因となることもあるが、実は原因はそれ以外にもあるそうだ。『国際人になりたければ英語力より“歯を磨け”』などの著書をもつ、歯科医師の宮島悠旗さんに話を伺った。

■今回のアドバイザー
歯科医師(歯学博士・日本矯正歯科学会認定医)
宮島悠旗さん

2005年3月 愛知学院大学歯学部卒業後、2006年3月 東京歯科大学にて研修医修了、研修医修了証取得。2010年3月 東北大学大学院歯学研究科卒業、歯学博士取得。2011年11月 東北大学大学院歯学研究科口腔保健発育学講座顎口腔矯正学分野 助教、日本矯正歯科学会認定医取得。2014年1月 宮島悠旗ブライトオーソドンティクスを起業。最新の技術で「噛み合わせ」と「エステティック」に配慮し、患者一人一人の要望に応える矯正治療を追及。矯正治療の技術を生かした一般歯科とのチーム医療で、歯の寿命を延ばし健康な体を保つために、理想的な噛み合わせを整える治療計画を提案している。

鼻の奥にある「アデノイド」とは?

宮島さんいわく、その器官こそがアデノイドだという。

「アデノイドとは、鼻とのどのちょうど間あたりに存在するリンパ組織のことで、日本語では咽頭扁桃ともいいます。誰もが持ちうる組織であり、特に幼児期には大きくなるのです」(宮島さん、以下同)

アデノイドは免疫器官のひとつであると宮島さん。外気にはウイルスや菌、ほこりなど、人体にとって様々な有害物質が浮遊しているが、これらはまず鼻毛や鼻腔内の粘膜がフィルターのように機能し、体の内部への侵入を防いでいる。

しかし、それでもウイルスや細菌などがさらにその奥に入ってしまった場合。アデノイドが危険を察知し、ウイルスや細菌などを駆除してくれるというわけだ。

「一般的に、人は幼児期のうちはリンパ組織がまだ未発達で免疫力が弱いため、鼻呼吸をしていても、肥大化する傾向があるのです」

年齢で言うと、大体5歳ごろまでは一時的にアデノイドが肥大傾向にあるという。では、なぜこれが大人になってからの無呼吸症候群などの原因となるのだろう?

アデノイドが肥大してしまう原因は?

アデノイドの肥大化は、一般的に5歳くらいをピークにだんだんとおさまる。しかし、口呼吸をしているとアデノイドが肥大したまま、成人を向かえてしまう人もいるのだという。

「幼児期は誰でもある程度のアデノイド肥大は起こりますが、中にはアデノイドが肥大し過ぎて鼻腔から気道へと抜ける呼吸の流れを遮断することとなり、鼻呼吸しづらい状態になってしまうことがあります。アデノイドが自然に小さくなっていかない場合は、耳鼻咽喉科でのアデノイド切除術が必要になります。リンパ組織が発達し、アデノイドの肥大がおさまると、だんだんと呼吸も口呼吸から鼻呼吸へ戻っていくのですが、なかにはそのまま口呼吸の習慣が抜けない人もいるのです」

前述でも説明した通り、鼻は鼻毛や粘膜などでウイルスや細菌の侵入を防ぎ、きれいな酸素を体に取り込むための重要な器官である。
それ以外にも鼻呼吸は、
・吸い込んだ空気の温度を上げ、冷たい空気が肺に入らないようにする
・吸い込んだ空気の湿度を上げる
という重要な役割も果たしている。


では、口呼吸は?
この場合、鼻毛や粘膜などを通さないため、ウイルスや細菌、ほこりなどは空気に混ざって、ダイレクトに体に侵入してこようとする。また加温、加湿効果もないため冷たく乾燥した空気が肺に入ってしまう。アデノイドは鼻の奥、のどの直上あたりに存在するため、口から取り込まれた空気にも反応するのだが、口から取り込まれた空気は鼻のそれよりも汚いため、過剰に作用しやすくなり、さらなる肥大の原因に。それと同時に口呼吸でいつも口を開けていると、前歯がだんだんと前に出てきてしまうので、今度は歯が邪魔になって口を閉じることができなくなる。歯が出ていると口を閉じられず、口呼吸になる。

つまり、アデノイドが肥大すると、鼻呼吸がしにくくなり、口呼吸に。口呼吸をすると、前歯がだんだん前に出てくることで口が閉じづらくなって、アデノイドがさらに肥大し…と、悪循環になってしまうのだ。

「呼吸は鼻で行うことが望ましいのですが、アデノイドが肥大した時期に口呼吸となり、その癖がついてしまう人が一定数います。鼻呼吸を身につけないまま大人になってしまった場合、睡眠時無呼吸症候群などを引き起こすこともあります」

宮島さんいわく、睡眠時無呼吸症候群の悩みを抱える人の中には、アデノイド肥大による口呼吸習慣が癖になっているケースも多いという。気づいたら口がぽかんと開いていると指摘されたことがある人は注意が必要だ。

Text by Daisuke SUZUKI(KOUMUTEN)

editeur

検索