メディア個別 まるで開拓時代の黒馬──北米版ハイラックスTRDプロ | editeur エディトゥール

editeur

検索
第8回 | トヨタの最新車デザイン・性能情報をお届け

まるで開拓時代の黒馬──北米版ハイラックスTRDプロ

昔を知る大人の男性は、トヨタ『ハイラックス』『ハイラックスサーフ』と聞くと「おしゃれな四駆」をイメージするかもしれない。1980〜90年代には、リフトアップしたりワイドタイヤを履いたりして渋谷を流す若者がたくさんいた。しかし、この2車種の「TRDプロ仕様」を当時のイメージのまま見ると、度肝を抜かれるに違いない。アメリカ版『ハイラックス』は、なんともタフすぎるクルマなのだ。

岩場に砂漠に、道なき道を走破する北米版『ハイラックス』のTRDプロ仕様モデル

1990年代のRVブームを経験した40〜50代にとって、トヨタ『ハイラックス』『ハイラックスサーフ』は思い出深く、同時に今なお人気の高いモデルだ。

そんな根強い人気ぶりが後押ししたのか、2017年9月には『ハイラックス』の国内発売が13年ぶりに復活。『ハイラックス』は北米では販売されていたが、日本国内では2004年に販売が終了していたのだ。指をくわえて北米モデルを眺めるしかなかったファンは、感激の涙を流したことだろう。

北米では、ピックアップの『ハイラックス』は『TUNDRA(タンドラ)』『TACOMA(タコマ)』、SUVの『ハイラックスサーフ』は『4 Runner(4ランナー)』というペットネームでそれぞれ発売されている。

この3車種をベースに、オフロード性能を高め、トヨタの豊富なレース経験が注ぎ込まれたモデルが『TRDプロ』だ。「TRD」とは、「トヨタ レーシング ディベロップメント」の頭文字で、自動車メーカー直系のチューニングが施されていることを意味する。

2018年2月、このTRDプロ仕様の『タンドラ』『タコマ』『4ランナー』がシカゴオートショーで世界初公開された。その内容は、群を抜いたオフロード性能と装備で固められ、岩場に砂漠に、道なき道を走破する仕様となっている。

「Xゲーム」のマニア垂涎! TRDプロ仕様の3車種に装備されるFOXのショック

注目すべきは、新型のTRDプロにはFOXのショックが装着されていることだ。従来のTRDプロはビルシュタインのショックが採用されていた。

「FOXのショック」とは、狐のシッポのアイコンで知られ、おもにモトクロスバイクやマウンテンバイクにサスペンションを供給しているFOXレーシングのショックアブソーバーである。FOXがピックアップトラックやRVのショックを開発しているとは知らなかった。これはXゲーム(ESPNが主催するエクストリームスポーツの大会)のマニアにとっては垂涎の装備だろう。

また、『タンドラ』『タコマ』は、砂漠やデザート地帯での長距離走行に耐えられるように、空気取り入れ口として可動式の「TRDデザートエアインテーク」を装着。『4ランナー』には、新設計のルーフラック、地面の岩からスタビライザーを守る「TRD」のロゴ入りスキッドプレートが採用された。こちらはテキサスのカウボーイが拍車を鳴らし、ドバイの王族は膝を打つ装備だ。

さらに、『タンドラ』は、抜群の明るさで定評のあるリジッドインダストリー社製LEDフォグライトと18インチのBBS製アルミホイールも装備する。「TRD」のロゴの入ったマットが敷かれたインテリアも見逃せない。

カラーバリエーションは、3車種ともに「スーパーホワイト」「ミッドナイトブラックメタリック」「ブードゥーブルー(TRDプロ専用色)」の3色が用意される。北米での発売は2018年秋予定で、価格は未定だ。

アメリカでは岩場も沢もデザート地帯も走り抜く「タフすぎるクルマ」が憧れの的

こうしたクルマがなぜ北米で発売されるかというと、それは彼の地でRVやピックアップトラックが確固たる地位にあるからだ。

クルマは「走ってナンボ」であり、開拓時代の黒馬のように、アメリカでは岩場も沢もデザート地帯も走り抜くクルマが憧れの的となっている。なにせ、あのNASCAR(ストックカーレース)が主催するピックアップトラックだけのレースもあるくらいだから、その人気ぶりがわかろうというもの。

なんともタフすぎるアメリカ版『ハイラックス』。こんなすごいクルマに普通に乗れるなら、次はアメリカに生まれたい。そう感じた男性も少なくないのではないか。

Text by Katsutoshi Miyamoto
Photo by (C) Toyota Motor Sales, U.S.A., Inc.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
Toyota Tacoma TRD PRO オフィシャル動画

editeur

検索