180329 (40)
- スーパーカーブランド【ジャガー】 -

ジャガーDタイプ──伝説のマシンが再生産される理由

「伝説」という言葉で語られるクルマは多い。しかし、この名車は正真正銘の「伝説のレーシングカー」だ。ジャガー『Dタイプ』。1955年から世界3大レースのひとつであるル・マン24時間を3連覇し、その美しいスタイリングから、ジャガー史上最もアイコニックなレーシングカーと呼ばれている。2018年2月、その『Dタイプ』が再生産されることが発表された。

1955年当時のスタイリングとスペックをそのまま再現されるジャガー『Dタイプ』

かつての名車が復刻販売されるといった話をよく聞くが、多くは噂のままで終わり、結局は実現されないケースが多かった。その理由は、少量生産のできる体制がメーカー側にないこと、なにより採算の問題が大きいためだ。

ところが、ヨーロッパでは近年、ランボルギーニ、ポルシェをはじめ、かつての名車を復刻するメーカーが増えている。国内でも、マツダが初代NA系『ロードスター』のレストアプロジェクトを開始し、日産もR32型『スカイラインGT-R』の補修部品を再供給するという。

クルマに限らず、ブランドにとって今、「物語」や「歴史」は販売戦略において極めて重要な要素だ。そこで、世界的に自動車メーカーがヘリテージを大切する機運が高まっているのである。

なかでも、ヘリテージに最も力を入れているのがイギリスの名門ジャガー・ランドローバーだ。ジャガーは2018年2月、同社の象徴でもあるレーシングカー『Dタイプ』を復活させるという驚きの発表を行った。それも1955年当時のスタイルとスペックをそのまま再現し、一般販売するという。

62年前の工場の火事によって生産が中止されていた、残り25台の幻の『Dタイプ』

正確にいうと、『Dタイプ』は復刻されるのではない。「生産再開」されるのだ。

じつは、『Dタイプ』は台数100台と発表して1955年に生産を開始しながら、1957年に起きたウェスト・ミッドランズ州コヴェントリーの工場の火災によって製造中のマシンや多くの治具が焼損し、その後の生産継続が不可能になってしまった経緯があった。

当時生産された『Dタイプ』は、100台のうちの75台。つまり、残りの25台を再生産するのは、市場への約束をはたすという意味もあるわけだ。今回再生産が発表されたのは2月だっただが、火災があったのも1955年2月のこと。これはけっして偶然ではないだろう。

再生産される『Dタイプ』の中身を知ると、まさに「生産再開」と呼ぶにふさわしいできばえと感じる。

搭載されるのは、オリジナルの3.4L直列6気筒「XK」エンジン。4速MT(マニュアルミッション)、エアファンネルのみの2バレルキャブレター3連装なども当時のままだ。最高出力は250hpから270hpになると予想される。

そして、当時の最先端技術であった風洞実験から生み出された流麗なボディ形状も見事に再現された。これは、オリジナルの設計図や製造に関するさまざまな記録が残されていたこともあるが、ヘリテージ部門である「ジャガー・ランドローバー・クラシック」のエキスパートたちの存在も大きい。

なぜなら、この緩やかな曲線ばかりで構成されたボディは、職人の手作業に頼らなければ再現することが不可能だったはずだからだ。もちろん、『Dタイプ』のシンボルといえる飛行機のようなテールフィン(垂直尾翼)も健在である。

実際にドライブできる人間は限られるだろうが、ドライバーにとって重要なインテリアも完全に再現される。ステアリングホイールは3本スポークのウッド製で、メーター類、そしてサイドブレーキのレバーにいたるまで、オリジナルそのままという徹底ぶりだ。

再生産される『Dタイプ』の価格は1億円以上? ジャガー本社に直接コンタクト

再生産されるのは、ショートノーズの1955年型とロングノーズの1956年型の2タイプ。顧客はいずれかを選ぶことができる。この体制を作ったジャガー・ランドローバーのメーカーとしての姿勢に拍手を贈りたい。

購入方法はジャガー本社のウェブサイトから直接コンタクトするように促されている。受注生産に近いためか、車両価格は公表されていないが、海外メディアの報道などを見るかぎり、1億円以上になると予想される。

ジャガー・ランドローバーの近年の業績は、売上高・新車販売台数ともに好調を維持しているようだ。そこには、ラインナップの充実だけではなく、ヘリテージへの熱心な取り組みによるブランドイメージの向上も寄与しているに違いない。

Text by Koji Okamura
Photo by (C) Jaguar Land Rover Automotive PLC
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)