i-163
- Bang Showbiz -

ブリトニー・スピアーズ、ケンゾーのキャンペーンモデルに

ブリトニー・スピアーズ(36)がケンゾーの新たなキャンペーンモデルに起用された。ブリトニーはケンゾーのクリエイティブ・ディレクターであるキャロル・リムとウンベルト・レオンからオファーを受け、ケンゾー・ジーンズの1986年のデビュー作を振り返る「ラ・コレクション・モメント」の顔を務めることに同意したという。

これまでファッションブランドの広告に登場したことのないブリトニーだが、そのコレクションの若々しさと遊び心に溢れるところが気に入ったようで、Vogue.comとのインタビューでこう説明している。「私は昔、頭に大きなリボンをつけてたわ。80年代って醜さが流行で、すべてが不快なものばかりだった。でもその中に、人から自分の洋服についてなんと思われても構わないっていうところとか、何かとても新鮮味があったとも言えるの。このコレクションはとても若々しいわ。撮影も楽しかった。最初は何か変な気分だったけどね。スタジオとか小さな空間での撮影には慣れてるけど、今回は路上だったの。屋外ですごく露出の高いような服を着てたから、すこし不自然に感じたわ。でももちろん、写真ではすごくクールに仕上がってるけどね」

ステージではそのセクシーな衣装で知られるブリトニーだが、元夫ケヴィン・フェダーラインとの2人の息子が大きくなってきたこともあり、普段のファッションはかなり落ち着いているのだという。「難しいところなの。私は母親だから、あまりリスクのあるスタイルは選ばないわ。若い頃はもっと恐れを知らないような格好を思いっきりやってたと思うけどね。何を着るか予定を立てることもなく、このあり得ないような服を着ちゃえ、って感じだった。でも母親になると、子供に対する思いから、恥ずかしい思いをさせないようにと控えめになるものよ」

その一方で息子たちには彼らの好きなように表現させているそうで、「昔は子供たちが着るものも制限してたけど、今では2人とも大きくなってそれぞれの人間へと成長してる。だから自分の思うようにしてほしいし、尊重しているの」と話し、時には合っていない組み合わせの子供たちのコーデから自分もヒントを得ることがあると明かした。