メディア個別 メルセデスAクラス──これはナイトライダーの未来だ | editeur エディトゥール

editeur

検索
第58回 | メルセデス・ベンツの最新車デザイン・性能情報をお届け

メルセデスAクラス──これはナイトライダーの未来だ

メルセデス・ベンツのエントリーモデルである『Aクラス』。デビューは1997年で、現行型は2012年に発表された3代目となる。300万円前後で買えることもあり、新しい顧客獲得の原動力となった。今では、世界市場はもちろん、日本でも販売台数の躍進を支えるモデルとして欠かせない存在となっている。そして今回、6年ぶりにフルモデルチェンジした新型『Aクラス』が発表された。

会話で装備を操作…『ナイトライダー』が描いた未来を実現した新型『Aクラス』

「Hey、メルセデス」。新型『Aクラス』の発表会場で最も飛び交ったのは、この言葉ではないだろうか。フルモデルチェンジされた『Aクラス』は、iPhoneの「Siri」やAmazon Echoの「Alexa」などと同様に、デジタル・パーソナル・アシスタントにより、車内で声を発するとエアコンやオーディオ、ナビなどの操作ができるのである。

まるで1980年代に人気を集めたアメリカのカーアクションドラマ、『ナイトライダー』で描かれた未来が現実になったかのようだ。

これは、2018年の年明けに開催されたCES(旧コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)でメルセデス・ベンツが発表した「MBUX(メルセデス・ベンツユーザー・エクスペリエンス)」を搭載したことによる。

「MBUX」はAIを用いたコミュニケーション・システムで、今回初めて採用された。新技術をフラッグシップモデルではなく、エントリーモデルの『Aクラス』に初採用したことからも、メルセデス・ベンツがいかにこのクルマに力を入れているかがわかる。

その力の注ぎ具合は、発表会からも伝わってきた。4代目となる『Aクラス』が発表されたのは、オランダの首都で最大の都市であるアムステルダム。会場では、ダイムラーAGのディーター・ツェッチェ会長自らが、プレゼンテーションに立った。

力を入れている理由は、『Aクラス』の販売台数の多さや市場に占める割合にあるが、それ以上に購入層の質に注目したい。顧客には『Aクラス』をファーストメルセデスとして選ぶ者が多く、そして、年齢層が若いのである。つまり、未来のメルセデス・ベンツユーザーを獲得するための尖兵となる一台といっても差し支えないだろう。

新型『Aクラス』は新開発のエンジンを搭載し、エクステリアもよりダイナミックに

フルモデルチェンジとなった今回は、パワートレインも一新されている。

エンジンは新開発の直列4気筒エンジン。ガソリン車は、最大出力120kW/5500rpm、最大トルク250Nm/1620rpmの『A200』、最大出力165kW/5500rpm、最大トルク350Nm/1800rpmの『A250』の2モデル。ディーゼル車は、最大出力85kW/4000rpm、最大トルク260Nm/1750-2500 rpmの『A180d』をラインナップする。

トランミッションは『A200』のみが6速MT(マニュアルトランスミッション)で、それ以外は7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)が組み合わされた。

ボディサイズは全長4419×全高1796×全幅1440mm、ホイールベース2729mmと、先代よりもわずかに大きくなった。

これにより力強くダイナミックなエクステリアとなったが、そのなかでもボンネットフードの傾きを工夫するなどして、スポーティな佇まいも併せ持った。もちろん、スポーティさは見た目だけではなく、空力性能を表すCd値は0.25と、スポーツカーやエコカー並の数値を実現している。

近未来的な新型『Aクラス』のインパネ類、ヨーロッパでの価格は約397万円から

室内は、車体のサイズアップも相まって、ヘッドルームやニースペースが拡大し、またラゲッジスペースも拡大して370Lとなった。

インパネ類は近未来的で、エントリーモデルとはいえ、さすがはメルセデスと言いたくなる上質感を漂わせている。先進技術の目玉は、冒頭で触れた「MBUX」。それに加え、『Sクラス』と同等の安全技術が搭載されたことも話題となった。一点の条件下での半自動運転も可能である。

ヨーロッパでの価格は、『A200(6MT)』が3万231.95ユーロ(約397万2000円)、『A200(7DCT)』が3万2326.35ユーロ(約424万7300円)、『A250』が3万6461.60ユーロ(約479万円)、『A180d』が3万1398.15ユーロ(約412万5000円)だ。

1ユーロ:約131.38円、2018年3月9日時点の為替レートで換算。

新型『Aクラス』は、Cセグメントのベンチマーク『ゴルフ』を超えるかもしれない

Cセグメントの車格やボディタイプ、価格などから、ライバル車は従来通り、BMW『1シリーズ』やアウディ『A3 スポーツバック』あたりだろう。

Cセグメントハッチバックのベンチマークといえば、言わずと知れたフォルクスワーゲン『ゴルフ』だが、どこまで迫れているか、場合によっては上回っているのかが気になるところだ。

日本への導入時期はアナウンスされていないが、早ければ2018年中にはデリバリーされるだろう。ディーラーにも試乗車が準備されるはずなので、その進化を自ら体験してみてほしい。

Text by Tsukasa Sasabayashi
Photo by (C) Daimler AG
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

関連リンク
Mercedes-Benz A-Class オフィシャル動画

editeur

検索