メディア個別 ジョン・ファヴロー、『スター・ウォーズ』のドラマを製作へ | editeur エディトゥール

editeur

検索
第381回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

ジョン・ファヴロー、『スター・ウォーズ』のドラマを製作へ

ジョン・ファヴローが『スター・ウォーズ』の新作テレビドラマで脚本と製作総指揮を務めるようだ。ファヴローは、ネットフリックスのライバルとなるディズニーの新たなオンデマンド・サービスに向けて、同人気シリーズ初の実写テレビ作品を手がけることになる。

ファヴローは声明の中でこう語っている。「もし11歳の頃の自分に『スター・ウォーズ』シリーズの物語を作るんだと言っても、信じなかっただろう」「このエキサイティングな冒険に乗り出すのが待ちきれないね」

ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長は、ファヴローを同シリーズの脚本とエグゼクティブ・プロデューサーに迎えたことにとても喜んでいるようで、「新しいオンデマンド・サービスのために、ジョンが製作と脚本で参加してくれることになり、興奮せずにはいられません」「ジョンの製作と脚本の才能と、『スター・ウォーズ』の世界に精通している点はまさにぴったりと言えるでしょう。この番組の中で、ジョンは様々な脚本家やディレクターのチームと働くことになり、ルーカスフィルムが才能の宝庫を築く機会を与えてくれるでしょう」と話している。

2016年に実写版『ジャングル・ブック』でディズニーと仕事をしたことがあるファヴローは、『アイアンマン』と『アイアンマン2』の監督としても知られている。さらに、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』では「クールで重要な宇宙人」と説明されているキャラクターの声を担当する予定にもなっている。

先月、ファヴローはロン・ハワード監督と脚本家のローレンス・カスダンとのスリーショット写真をツイッターに投稿しており、ハワード監督が「どうして一緒にいるかって?ジョンが『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』でとてもクールで重要な宇宙人の声を担当しているからだよ。光栄かつ運がいいことに、『ライオン・キング』の監督業からジョンを引き抜いたんだ」というコメントを添えてリツイートしていた。

editeur

検索