edt1802_management05
- 部下のタイプ別!上司向けストレスの向き合い方 -

【部下へのストレス】部下の急な転職宣言を防ぐコミュニケーション

「じっくり時間をかけて採用し、手塩にかけて育ててきた部下が、ある日『妻が辞めろというんで』のひと言で転職してしまった…。あいつを育ててきた時間は、何だったんだろうか」

ある日、企業経営者の友人が、私にそう漏らした。

職業選択は個人の自由だが、採用は企業のライフサイクルに大きく影響している。また、従業員の採用育成コストは高い。企業からすれば、自由に辞められてはゼロからのやり直しだ。

こうした従業員の転職意向をあらかじめ知り、止めることはできないものか。『「やりたい仕事」病』(日経プレミアシリーズ)などの著書をもつ、心理学者の榎本博明さんに話を伺った。

■今回のアドバイザー
MP心理学研究所 代表/心理学博士
榎本博明さん

東京大学教育心理学科卒業後、東芝市場調査課に勤務。その後カリフォルニア大学客員研究員、大阪大学大学院助教授などを経て現在に至る。心理学を基礎とした企業向けの研修や教育講演を行い、著書に『「上から目線」の構造』『薄っぺらいのに自信満々な人』『「やりたい仕事」病』など多数。

部下の語りの場作りが部下の転職意向を未然に察知できる

普段からコミュニケーションがしっかりとれていれば、意向を固める前に、まずは直属であるその上司に相談が行くことは多いと思うが、よほどの問題を抱えていない部下でない限り、「残り続けてほしい」と考える上司が多いだろう。

しかし、「部下に辞めないで」というのは、何とも情けなく映るが、上手なコミュニケーション方法は…?

「もし、辞めてほしくない部下がいるのなら、その部下の仕事に関する思いや不安を引き出す語りの場を作ることが、もっとも効果的でしょう。転職理由の上位には、必ずと言っていいほど『上司とのコミュニケーションの不和』という項目が上がることからも、風通しの良いコミュニケーションができる場を作ることは、一定の効果が得られるはずです」(榎本博明さん、以下同)

とはいえ、キャリアアップを目的とした転職の場合は、やむを得ないと榎本さん。上記方法は、あくまでも消極的選択としての転職の場合だ。

部下に自己有能感や存在感を実感させることも大切

部下が、自分の職場を愛してくれるか。そのためのポイントは、大きく分けて2つあると榎本さん。

「ひとつは、自己有能感を得られるコミュニケーションがあること。つまり、自分が今の職場にどのくらい寄与しており、そこにいる意味があるのかを実感できることです。そしてもうひとつは、気にかけてくれる人・場があるか否か。こうした実感は、とても大切なことです」

人は、他人を通して自分の存在意義を確かめることができる。こういった経験を日常的に行うことによって、部下自身のその職場への愛情がより深まるというわけだ。

部下の気持ちがわからない。もしそう感じることがあったら、まずは、仕事や会社についてフランクに話し合える場作りを。居残り続けてほしい部下にこそ、その気持ちのアピールとしての行動が肝要だ。

Text by Daisuke SUZUKI(KOUMUTEN)