i-179
- 海外スターの最新ニュースをお届け -

リサ・マリー・プレスリー、巨額借金の責任追及でマネージャーを起訴

リサ・マリー・プレスリー(50)が1600万ドル(約17億円)の借金の責任はマネージャーにあるとして訴えているようだ。リサは今月初頭に、現在離婚申請中の夫マイケル・ロックウッドによる書類が公開された際に多額の借金があることが明らかになっていたが、それを受けてマネージャーのバリー・シーゲル氏に対する法的措置を取るつもりだという。

リサは、シーゲル氏が1億ドル(約107億円)もあった財産を1万4000ドル(約150万円)にまで減らしたとしており、ザ・ブラストが入手した書類によると、リサはシーゲル氏が「無謀で誤った管理、私利私欲のため」その財産を浪費したと記述しているという。

また同書類では、リサには1億ドル(約107億円)以上の資産があったものの、シーゲル氏が「エンターテインメント業界における名声を得たいがために危険をはらんだベンチャーにその資産をかけた」と非難している。

信頼の侵害、不注意、計画的な詐欺行為でシーゲル氏を起訴する見込みのリサだが、シーゲル氏の方もリサに責任があるとしてすでに反論しており、シーゲル氏の弁護人はザ・ブラストにこう話している。「リサ・マリーが辛い時期にあり、自分で責任を取る代わりに他人を責めようとしていることは明らかです」「リサは私の依頼人への支払いを止め、自分の管理不行き届きな浪費癖を彼らの責任だとしているのです」