i-173
- Bang Showbiz -

ブレンダン・フレイザー、HFPA前会長からのセクハラを告白

ブレンダン・フレイザー(49)がハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)の前会長からセクハラ行為を受けたと告白している。ブレンダンはフィリップ・バーク前会長が、2003年のHFPAによるビバリーヒルズ・ホテルでのローンチパーティーで自身を不適切に触ったとGQ誌に振り返っている。「バークの左手が伸びてきて僕のお尻を掴んだ。それに指が一本奥まで伸びて、動かし始めたんだ」「具合が悪くなったよ。自分が小さな子供のように感じた。喉に何か詰まったような感じで、自分が泣き出すんじゃないかと思った」

ブレンダンは今回セクハラの経験を告白した理由についてこう説明している。「誰かが見えないペンキを僕に投げつけたように感じたんだ」「あの経験でどう感じたかやそれが僕にどう影響したかを主張したいわけではなかった」「でも気分が落ち込んでいったんだ。『これは何てことはない。奴はちょっと触っただけだ』って思おうとしていたことで自分を責めたし、自分は惨めだと思った。あの後のことはよく覚えていないんだ」「まだ怖いかって?もちろん。何か発言する必要があると感じたかって?もちろん。何度も何度もそうしたかったって?もちろん。でも自分を止めたか?もちろん」「あの瞬間がどんなだったかについてもしかしたら過剰反応しているのかもしれない。でも真実はわかっているんだ」

一方、未だHFPAのメンバーであるバーク氏は、本件に関してブレンダンに対して手紙を宛てているものの、「何も間違ったことはしていない」と主張している。

さらにブレンダンは事件後にHFPAが自身をブラックリストに載せたのではないかと考えていると続けているが、バーク氏はブレンダンのキャリアはHFPAとは何の関係もないとしている。