ninehours_01
- 40男が嗜む逸品 -

皇居ランナーにも朗報。トランジットに便利な宿泊施設「ナインアワーズ竹橋」

東京・竹橋に、多様なトランジットを可能にした、なんとも便利な施設が誕生する。トランジットと言えば、飛行機が給油などのために空港へ立ち寄ることを思い起こす人も多いだろうが、今回紹介する「ナインアワーズ竹橋」は、高機能なトランジットサービスの提供で着実に店舗を増やしているカプセルホテル「ナインアワーズ」の新店舗。宿泊、仮眠、シャワーといったさまざまなトランジット利用が可能で、皇居に近い立地を活かしてランニングステーションとしても機能する。

無駄な機能を排除して睡眠やシャワーに特化

「ナインアワーズ」は、利用者が機能的かつ高品質なトランジットサービスを受けられる新しいタイプのカプセルホテル。休息1時間+睡眠7時間+身支度1時間=合計9時間(ナインアワーズ)という、それぞれの機能を時間に置き換えたシンプルな宿泊概念をベースにしている。部屋という空間概念は捨て去り、無駄な機能を省く一方、睡眠やシャワーといった最低限必要な機能に力を入れているのが特徴で、宿泊に加え、仮眠やシャワーのみでの利用も受け入れている。
6番目の店舗となる「ナインアワーズ竹橋」は、東京駅からも近く、ビジネスユースにも旅行での利用にも適した場所に開業する。建築・設計には平田晃久氏を起用。皇居のお堀を囲うような吹き抜け空間が設けられたC字型の構造となる。吹き抜けには階段が設置され、それを取り囲むようにスリーピングポッドが配置される。
クリエイティブディレクションとプロダクトデザインは柴田文江氏が手がけ、スリーピングポッドには、堅牢で自由な構造が可能な繊維強化プラスチック(FRP)を使用。柔らかなフォルムとすることで工業的な雰囲気を払拭し、安心して眠りにつける空間を実現している。

皇居ランナーにも便利なトランジットサービスを提供

「ナインアワーズ」では、睡眠とシャワーという2つの機能を研ぎ澄ませつつ、プラスオンのサービスも導入している。立地に合わせたサービスを追加すれば、より多くの人へ便利なトランジットサービスを提供できるという考えによるもので、皇居がすぐそばにある「ナインアワーズ竹橋」では、皇居ランナーのためにランニングステーションが設けられた。
ランニングステーションの利用料は税込500円。ワンコインでロッカーとシャワーを使うことができ、月額制(税込1000円)のシューズロッカーも設置される。また、ランニングウェアやランニングシューズ、タオルセットのレンタルも用意され、気が向いたときにふらっと訪れて一汗かくことも可能だ。

シャワーブースにはシャンプーやコンディショナー、ボディーソープなどが揃っており、通常のシャワーに加えてTOTOのウォームピラーを採用。身体に沿って流れる特別制御の水流が高い温浴効果をもたらし、疲れを癒してくれる。

また、このランニングステーションは24時間いつでも利用できる。真夜中も使えるので、日中はランナーが多い皇居外周を独り占めして走りたいときにも便利だ。

なお、ランニングステーション以外の料金は、宿泊が1泊4900円〜(税込)、仮眠が1時間1000円〜(税込)、1時間以内の利用でタオルも使えるシャワーが700円(税込)となっている。仮眠は13時から21時まで利用可能で、シャワーの場合はランニングステーションと同様にいつでも利用可能だ。

「ナインアワーズ竹橋」のオープンは3月30日。宿泊、仮眠、シャワー、そしてラン…自分のスタイルに合わせた多様なトランジットで、より充実した日常を手に入れてみては?

Text by Fumio Miyata
Edit by Kei Ishii(Seidansha)