キャプチャ(1)
- 40男のメモリーズ -

細部まで忠実再現。ウルトラセブン「アイスラッガー」の プロップレプリカ

昭和のウルトラマンシリーズにハマった世代なら、誰もが一度は真似したに違いない、ウルトラセブンの“必殺技”と呼べる主要武器「アイスラッガー」が、撮影時に使用された状態を忠実に再現したプロップレプリカとして先行予約受付中。モロボシ・ダンに憧れたかつての少年たちを号泣させること間違いなしのクオリティが魅力の逸品だ。

「ウルトラマンシリーズ」の中でも人気の『ウルトラセブン』。撮影用小道具の形状を忠実に再現。

1967年10月から68年9月まで放送された『ウルトラセブン』は、前作の『ウルトラマン』に比べ、SF性を増した作風の中に世相や社会的テーマを取り入れたことが持ち味となり、現在も高い人気を得続ける日本が世界に誇る特撮作品である。
主役であるウルトラセブンが放つ必殺技の中でも、特にユニークな存在となったのが、ウルトラ念力によって脳波コントロールされる宇宙ブーメラン「アイスラッガー」だ。メトロン星人など数々の敵を一刀両断し、再びセブンの頭部へ戻ってくるアクションのカッコ良さは当時のチビッ子たちを熱狂させたもの。頭の上に両手を上げて手の平で挟むような格好をして、相手に投げつけるアクションを真似して遊んだ記憶がある人も多い事だろう。

これまでにもフィギュアをはじめ、『ウルトラセブン』の世界観を活かしたアイテムが多数登場しており、アイスラッガーも様々な商品化がされているが、今回紹介する『憧れのプロップレプリカ presented by ウルトラマンショップ ウルトラセブン 1/1 アイスラッガー』は、そのなかでも特殊な位置づけとなるアイテム。撮影用小道具を再現する「プロップレプリカ」と呼ばれるジャンルの商品となる。

国内で一点一点手作りされる、ハイクオリティな仕上がり

『憧れのプロップレプリカ presented by ウルトラマンショップ 1/1アイスラッガー』は、その名の通り撮影で使われたアイスラッガーのプロップ(撮影用の小道具のこと)を、当時の資料を元に実際の大きさで再現したものだ。もともとのプロップが手仕事で作られたことがわかる歪みや曲がり、また撮影で使用されたために付いたであろう汚れまでも表現されている。さらにアイスラッガーが飛んでいくシーンを撮影する際に必要だった、ピアノ線で吊るための小さな穴までも再現されているという、こだわりの上にこだわりを重ねた仕上がりとなっている。
本体の素材はレジンキャスト製で、原型は「ウルトラマンシリーズ」のメカ商品などの造形師として有名な田中雷氏によるもの。『ウルトラセブン』のロゴ入りのスチール製ディスプレイスタンドが付属し、価格は5万円(税抜)。本体、スタンドとも国内で一点一点手作りによって丁寧に制作されているので、クオリティの高さは折り紙付きだ。
現在円谷プロの公式オンラインショップ「ウルトラマンワールドM78 怪獣デパート」で先行予約を受付けており、商品の発送は2018年4月下旬を予定しているとのこと。また5月頃からは全国の「ウルトラマンワールドM78」の一部店舗でも数量限定で一般発売が予定されているが、確実に手に入れたい人は、早めの予約をお勧めしたい。

Text by Tamotsu Narita

Edit by Kei Ishii(Seidansha)