20代女子に聞く!モテオヤジの条件/40男必見! 女子が喜ぶジェラシー、迷惑なジェラシー
- 見直してモテ度アップ!40男のNG集 -

40男必見! 女子が喜ぶジェラシー、迷惑なジェラシー

嫉妬は、恋愛のスパイスになる。だが、さじ加減を間違えるとただの重い男だと思われてしまう。特に20代女子は、40代男性と付き合う上で理解ある対応を求めている。上手なジェラシーで女性を胸キュンさせつつ、評価を上げるにはどうすればよいか? 美女にその最適解を聞いてみた。

■今回のアドバイザー女子
 広告代理店勤務 Yさん 22歳

今は恋愛よりも仕事を頑張りたいというYさん。同世代の男性だと恋愛中心の生活を求められるので年上と付き合う方がいいとのこと。

他の男性に対しての反応を見て試す男

Yさん「以前、曖昧な関係を1年半くらい続けていた40代の男性がいました。クールな方だったのですが、ヤキモチの焼き方が可愛かったんです。あるとき、私が飲み会をしたときの写真を彼に見せたんですね。そしたら、彼が写真に写っている男性をひとりずつ『この人、カッコイイね』とか『モテそうだね』とか褒めてくるんですよ。

『そんなにカッコよくないよね』って返すと、気づかれないようにホッとした表情を見せていて(笑)。私の反応に一喜一憂している姿を見てキュンとしちゃいました。こういう試され方って可愛いから、うれしくなりますよね」

強引だけど愛を感じるジェラシーはうれしい

Yさん「他にも、強引だけどうれしかったジェラシーもありました。彼がうちへ遊びに来たときに、クローゼットにかけていたサシェを見て『これ、どうしたの?』って聞いてきたんです。私が誕生日に知人の男性からもらったことを話すと『えー、じゃあ僕も買ってくる』って、ちょっとスネながら言ってきて、後日、本当に買ってきたんですよ。そしたら『それ、捨ててね』って。ちょっと強引だけど、ヤキモチを焼いて行動しちゃうところにトキメキましたね」

携帯を覗き見して浮気の追求をする

Yさん「逆に、愛情が冷めるジェラシーもあります。30代男性と付き合っていたときのことなんですが、突然『先週、誰と会ってたの?』って責めるように言われたことがあって。知り合いの男性と会っていたんですが、なんで急にそんなことを言い出すのかな? と不思議に思って『なんで?』と聞き返したんですね。どうやら、私がベッドに寄りかかって彼を背にして携帯をいじっていたところを、彼が寝転がりながら覗き見していたみたいで…。

浮気していると勘違いした彼は『倫理的にそういうのって、どうなの?』ってキレながら追求してきて。普段から私はあまり“誰と会った”“何していた”とか細かく報告しないんです。連絡もマメじゃなく、2〜3日に1回くらいが理想。でも彼は、1日連絡しないと『どこ行ってたの?』とか細かく聞いてくるし、私の行動を把握しようとするので、イヤだったんです。その上、覗き見をされたことで、ストーカーみたいに思えて怖くなりました。束縛気味なジェラシーって、その男性を好きだったとしても、あまり積極的に連絡を取りたくなくなりますよね」

最後にアドバイザーからひと言

「試したり、ちょっとスネたりするジェラシーを女性は愛しく思う」

Text by Unyo Mura