th_P1011029
- NOMOOO powered by éditeur -

【レシピ】日本酒が進む!”和”な一口おつまみ「カブ昆布寿司」

飲んでる時に……ちょっとだけ欲しくなる「お米」

でもたくさんあるとお腹にたまるんですよね……。ほんのちょっとだけでいいんです!!

そんな時に、このおつまみが完璧

わさびが効いているので、日本酒との相性も抜群!いい仕事します!

そして可愛い見た目。なんだか料亭で出てきそう感!を意識してみました。

材料

カブ 1個
塩昆布 適宜
わさび醤油 適宜
酢飯 60g
飲みたくなるお酒 日本酒

作り方

①カブをスライスする。

皮をむいたカブをスライサーでスライスする。葉付きの場合、葉の部分を持ってスライサーに押し付ける様にスライスする方向で。水にさらしてしんなりさせておく。

② わさび醤油を作る。

醤油はわさびと同量、わさびの伸びをよくする程度で十分。

③ 巻き簾で巻く。

カブの水気をきる。巻き簾にラップを敷き、写真の様にカブを並べる。カブの真ん中に塩昆布を適量のせる。そこへ②で作ったわさび醤油をのせる。酢飯をその上にのせる。一気に巻き上げる。そのままラッブで包み、冷蔵庫で15分程なじませる。

④ 一口大に切る。

ラップを巻いたまま、一口大に切る。両端を落として六等分くらい。盛り付けてお好みでごまを乗せてお召し上がりください。塩昆布のとわさび醤油、カブとご飯。
こんなに合うのか…」と、我ながら感動している一品です。

ちょっと小腹が空いた時、日本酒のつまみが欲しい時、ぜひ作ってみてください。

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。