180214 (63)
- 世界の名車コレクション -

モーガンEV3──1930年代テイストのクールな3輪EV

イギリスのモーガンは、ウスターソース発祥の地として知られるウスターシャー州のマルヴァーンに本拠地を置く少数生産のスポーツカーメーカーだ。100年以上に及ぶ同社の歴史は、1910年に発表された前輪2後輪1の『スリーホイーラー』から始まった。モーガンは2015年、この車のEVバージョンとなる試作車を発表。そして先日、ついに生産を開始すると公式にアナウンスされた。それが1930年代のレーシングカーを思わせる『EV3』である。

大手メーカーの未来的なEVと真逆、1930年代のレーシングカー風のモーガン『EV3』

モーガンは古き良き英国車の象徴的な存在だ。クラシックカーを思わせる古典的なスタイリング、そして今なおサブフレームに木材を採用する頑固で個性的なメーカーとして知られる。また、1912年の創業から現在にいたるまで、家族的経営によって少数生産を続ける希有なメーカーでもある。

このモーガンにモータースポーツやセールス面で成功をもたらし、同社の礎を築いたモデルが『3-Wheeler(スリーホイーラー)』だ。

モーガンが『スリーホイーラー』のEVバージョンである『EV3』を発表したのは2015年のこと。この試作車は、大手自動車メーカーによる未来的なスタイリングのEVとは真逆の、まるで1930年代のレーシングカーのようなデザインを纏っており、いかにもモーガンらしいと注目を集めた。試作車を見た古き良き英国車ファンは、おそらく胸を撫で下ろしたのではないか。

しかし、同時に、これまで頑なに伝統を守ってきたモーガンのEV市場への参入は、イギリス人ならずとも新たな時代のページが捲られたと感じたはずだ。

そんななかで飛び込んできたのが、『EV3』がいよいよ2018年後半に生産を開始するというニュースである。ご覧のとおり、左右非対称のヘッドライト、真鍮製のヒートシンク…と、外観はこれまでのモーガンと少し異なるテイストだが、違和感なく美しく仕上がっている。

軽さと地を這うような低い着座位置により、スペック以上の体感スピードを味わえる

パワーユニットとなるモーターは液冷式で、後輪を駆動する。バッテリーは発表当時の仕様に変更が加えられ、20kW/hのリチウム電池になった。

車両重量はアルミスペースフレーム構造によって500kgに抑えられている。その結果、本国イギリスのメディアなどによれば、最大出力41.8kW(56hp)、0-100km/h加速は7秒台、最高速度は90mph(約145km/h)と、ガソリン2気筒エンジンの『スリーホイーラー』と同等になっているという。

この数値だけ見るとさほどパワフルではないが、軽量のボディと3輪ならではのハンドリング、そして地を這うような低い着座位置もあって、その体感スピードは爽快さ感じるのに十分なものだ。

EVの弱点というべき航続距離は発表値で約150マイル(約241km)と、ロングドライブには向かない。だが、モーガンに求められているのは重いバッテリーを積むことより軽快なハンドリングで、きっとファンもそう望んでいることだろう。レーシングカートを操るのは最高に愉しいが、それでドライブに出かけたいと思わないのと同じだ。

ちなみに、現在の市販車でフロントにスライディングピラーサスペンションを採用しているのは、おそらくこの『EV3』を含むモーガンの車だけだ。

キングピンが垂直方向に上下するこのサスペンション方式は、ストロークは小さいが路面の追従性に優れる。また、舵角に比例して重くなるステアリングのダイレクト感は、ドライビングの根源的な愉しさを思い出させてくれるものだ。

モーガン『EV3』の価格は450万円以上、2019年にはハイブリッドモデルも登場する

『EV3』には、電動パワートレインの採用以外にもうひとつ、モーガンとして初の試みがある。

それは、ボンネット、サイドポッド、トノカバーをカーボンコンポジット製とし、より軽量な車体に仕上げたことだ。ほかのアルミパネルと同様に、木製サブフレームに手作業で組み付けられている。設計コンセプトで車重を500kg未満としていたらしく、それを守るために必要な選択でもあったようである。

価格は3万ポンド(約450万円)を超える見通しで、2019年からはハイブリッドモデルの供給も開始する計画だという。

Text by Koji Okamura

Photo by (C) Morgan Motor Company

Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)