chaser2
- NOMOOO powered by éditeur -

お水=チェイサーは間違い!?チェイサーの本当の意味と使い方

あなたは今、バーで強いお酒を飲んでいるとしましょう。
ちょっと酔いが回ってきて水がほしくなりました。

そんなとき、「お水ください」ではなく、「チェイサーください」と頼むのは正しいオーダー方法だと思いますか?
今回は「チェイサー」の本来の意味と、あまり知られていない”役割”について紹介します。

これさえ覚えておけば、あなたもお酒通になれるかも??

バーでの「チェイサー」は水のこと?


バーや居酒屋でチェイサーを頼むと、大抵は「水」がでてくると思います。しかし、本来の意味でいうとチェイサーはビールでもコーヒーでもありうるのです。

え、水しか出てきたことないよ!?」と思う方も多いことでしょう。
おっしゃるとおり、バーで「チェイサーください」と言ったからといって、ビールやコーヒーがいきなり出されることはまずないと思います。
お水が欲しいときに「チェイサーください」ということも、特別心配する必要はないでしょう。

チェイサーって本当は何なの?


「チェイサー」は英語の「chase」を語源としており、本来は「追いかける」という意味を持ちます。

そう。チェイサーは、”お酒の後を追うように飲む飲み物”を指す言葉。辞書にも「強い酒の直後または間に飲む水・ビールなど」と載っています。

つまりは水に限らず、先に飲んだお酒よりアルコール度数が低い飲み物であれば、すべてチェイサーになりうるのです。

しかし、一点だけ注意があります。上記は、アメリカ英語の場合の定義。イギリス英語の場合は逆に「弱い酒の後に飲む強い酒」のことをチェイサーと呼ぶそうです。

日本では一般的にアメリカ英語版の定義が定着していると思いますので、こちらを前提にするといいでしょう。