ベンチュラ01_R(2)
- 【腕時計】人気&話題のブランド -

型破りなロックスピリットを象徴──ベンチュラ フレックスブレスレット

「ベンチュラ」は1957年1月3日に発表された世界初の電池式腕時計。つまり、500年近い時計作りの歴史における夢を現実のものとした、ハミルトン渾身の力作と言える。この画期的な機構を携えたベンチュラの誕生こそ、今日のクオーツ時計の先駆けとして、時計の未来を変えた出来事と言っても過言ではないだろう。また、古き良きアメリカを象徴する名車キャデラックなどをデザインし、当時のアメリカで名を馳せていたインダストリアル・デザイナー「リチャード・アービブ」が手掛けた、左右非対称なエキセントリックなデザインもベンチュラを特徴付けている。

今なお多くのファッショニスタを魅了

発売と同時に1万2000個以上の驚異的なセールスを記録し、発売から半世紀以上が経った現在でもなお、斬新で新鮮に映るそのデザインは、エルヴィス・プレスリーをはじめとする多くの著名人を魅了し、今日も世界中の時計愛好家やファッショニスタから愛され続けているのだ。
目まぐるしく変わるトレンドや、テクノロジーの発展によって日々変化し続ける時代の中でも、色褪せることのないベンチュラの先進性と存在感。初代モデルの発売から60周年を迎えた2017年、エルヴィス・プレスリーとの密接なストーリーを物語るタイムピースが発売されたのだ。

その斬新なデザインにエルヴィスも心酔

1957年の発売当時、時代を先駆けた近未来的なベンチュラの存在は、多くの人々を魅了。なかでも良く知られているのが、1961年に映画『ブルーハワイ』の劇中でベンチュラを着用したエルヴィス・プレスリーの姿。ハワイアンシャツとベンチュラというエルヴィスならではの斬新なファッションは今も色褪せない。
Elvis™ and Elvis Presley™ (C) 2017 ABG EPE IP LLC
ファッションアイコンとして絶大な人気を誇っていたエルヴィスとベンチュラが出会ったと言われているのが、1961年の映画『ブルーハワイ』。ハワイアンからミリタリーまで、様々な着こなしを楽しむエルヴィス・スタイルに欠かせないアイテムとして、劇中を通してベンチュラが登場している。また、彼は1965年のクリスマスイブに宝飾店に赴き、ホワイトゴールド ケースのベンチュラを購入、当時のベンチュラに付けられていたレザーベルトをフレックスベルトに付け替えたと言われている。
エルヴィスが実際に所有したベンチュラ。現在、証明書と共にハミルトンで保管されている。

新しい時代を築くエルヴィスとベンチュラに通ずるアティテュード

ジャンルを超越した音楽スタイルや個性的なファッションなど、時代を築いた彼の生き方はまさに、“革新性”というベンチュラ・スピリットそのもの。そしてベンチュラ自体も通称「THE ELVIS WATCH」とも呼ばれ、エルヴィスファンの間では親しまれている。

唯一無二の三角形のケースと、アメリカンスタイルを象徴するフレックスブレスレットのコンビネーションは、日本においても音楽や映画、そしてファッション界のパイオニア達から復刻の声がやまない伝説のスタイルであった。それが遂にベンチュラ誕生60周年を迎えた2017年に復活を遂げたのだ。

Text by Arata Homma

Edit by Kei Ishii(Seidansha)