メディア個別 社内恋愛を隠し通すための究極のテクニックとは? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第6回 | 【モテ技】社内女性の口説きテク

社内恋愛を隠し通すための究極のテクニックとは?

ある種タブーなイメージのある社内恋愛。特に、部下のような立場にいる若い女性との恋愛が発覚したら、周囲から好奇の目で見られるのでは?と懸念する人もいるだろう。そこで、実際に上司と社内恋愛をしている20代美女にインタビュー。周囲に付き合いを隠すための実践テクニックを指南してもらった。

■今回のアドバイザー
Yさん 27歳 金融機関営業

透明感のある美しさと頭の回転の速さが、年上男性の心を掴んで離さない魅力を持Yさん。意外にも恋愛経験は少なめで、現在初めての社内恋愛に夢中なのだとか。

職場で恋心をくすぐる男性は、やっぱり“デキる男”

一流大学を出て、金融企業でバリバリと働いているYさん。学生時代も勉学中心の生活を送っていたため、これまでどっぷり恋愛に浸った経験はなかったという。

Yさん「本来は私、恋愛にあんまり興味がないタイプだったんです。学生時代に2人、社会人になってからは1人付き合っただけで、どれも向こうから告白されたのでなんとなく付き合っていただけ。ときめいたりする気持ちもよく分からなかったんですよね。でも、今付き合っている41歳の彼は、初めて私から好きになりました。

隣の部署のリーダーの彼は、“デキる男”として社内では有名な人で、もともと憧れの存在でした。すごく忙しいはずなのに、質問に行くといつも気さくに答えてくれて、いつの間にか憧れが恋心に変わった感じ。残業帰りに私から飲みに誘ったのがきっかけで自然とお付き合いが始まりましたが、自分でもびっくりするくらいベタ惚れなんです。仕事の面での尊敬の気持ちが、すべて恋心に変換されちゃったんですね」

絶対にバレたくないなら、◯◯を捏造すべし!︎?

彼に対し、初めて「抑えきれない恋心」を経験しているというYさん。職場ではその気持ちを隠すため、かなりの苦労があるようだ。

Yさん「私たちの職場は、社内恋愛NGな雰囲気がとても強いんです。以前も社内恋愛がバレたカップルが他の支社に異動になったりしてるので、どちらも今のオフィスで働いていたい私たちは、関係を隠すのに必死です。

具体的に気をつけているのは、社内では絶対に親しげにしないこと。うっかり社内で馴れ馴れしくならないように、付き合って半年くらい経つ今もまだお互いを苗字で呼びあってます。それから、デートの場所は絶対に職場と別沿線のマイナーな場所にすること。あんまり人が降りないようなマイナーな駅で隠れ家グルメを楽しんだり、家デートも多いですね。

あとは究極のカモフラージュなんですけど、周囲には架空の彼氏がいることにしています(笑)。別の会社の同年代の男性と付き合ってるということになっているので、うっかりデートの思い出を話しちゃったりしても、その架空の彼氏との思い出ということにしてるんです」

完璧なカモフラージュの陰で、彼女を不安に陥れる落とし穴に注意

カモフラージュの作戦が功を奏してか、今の所Yさんたちの関係に感づいている人は皆無。しかし、無事バレずに進行している社内恋愛にも悩みはある。

Yさん「私は架空の彼氏がいることになっていますけど、彼の方は浮ついた話は何もないことになってます。なので、彼の同僚の方とかが気を利かせて、女性を紹介してくれようとするんですよね。もちろん断ってもらってますが、たまには誘いに乗っておかないと怪しまれるってことで、合コン的な飲み会には時折顔を出してるみたいです。そういう場に行くことも私には伝えてくれるんで心配はしてないんですけど、やっぱりいい気はしませんよね。

あとは、これからお付き合いが順調に進んでいざ結婚するってなった時、職場の人にどう説明しようかな…っていうのも悩ましいです。今まで話してた彼氏の話もウソだったとなると、気を悪くする人もいそうで。いつかは異動や転職も覚悟でバラさなきゃいけないんですけど、今の仕事が好きなので勇気がなかなか出ないですね。社内恋愛ってむずかしいです」

恋愛の幸せは本来であれば隠す必要はないはずのものだが、社内恋愛はそうシンプルではない。周囲に公表できない付き合いは、ロマンとスリルの抱き合わせだ。スリルを楽しめる性格と、将来の不安を一緒に解決していける絆。それこそが、社内恋愛に必要不可欠な要素ということだろう。

最後にアドバイザーからひと言

「社内恋愛を隠すためには、徹底的にカモフラージュの方法を考えないといけません!」

text by Takumi Arisugawa

illustration by Ayako Sakamoto

editeur

検索