pixta_25262118_M
- NOMOOO powered by éditeur -

「久保田 萬寿」ってどんな日本酒?美味しさの秘密やこだわりを徹底解説

日本酒の代表銘柄のひとつともいえる「久保田 万寿」。贈答用のお酒、もしくは記念日やお祝いの日などに飲むちょっとお高めのお酒というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんね。

高級な日本酒といわれるだけあり、久保田 萬寿は職人さんの技術や手間がたっぷり詰まっているお酒です。今回は、そんな特別な印象を持つ、久保田 萬寿の美味しさの秘密に迫ります。

久保田萬寿とは?

久保田 萬寿は、新潟県長岡市朝日にある「朝日酒造」が造る純米大吟醸。ちなみに、「久保田」という名は、朝日酒造の創業当時の屋号は「久保田屋」だったことから名付けられたのだそうです。

久保田には、萬寿以外にも「千寿」「百寿」「紅寿(こうじゅ)」「碧寿(へきじゅ)」などがあり、萬寿も含めて「久保田シリーズ」と呼ばれています。久保田シリーズは「すっきりとした、淡麗辛口の味わい」が大きな特徴です。

萬寿の特徴

久保田 萬寿は久保田シリーズの最高峰。口あたりはやわらかく、辛口ではあるものの、米の甘みが感じられます。

また、他の久保田シリーズと比べ、香りが豊かで味に深みがあるのが魅力的です。

地元新潟県産の米を使用

新潟県といえば日本一の米どころ。久保田 萬寿には、地元新潟県で作られた米が使用されています。朝日酒造は平成2年(1990年)に「有限会社あさひ農研」を設立し、地域の農業を守りながら理想の酒造好適米作りを試みているというのだから驚きです。米を造るところから日本酒造りをスタートさせることが、久保田 萬寿の美味しさにも繋がっているのでしょう。

雑味の少ない水

久保田 萬寿に使用されているのは、朝日の地下水脈の軟水。雑味の少ない軟水は、口あたりの良さをもたらします。

職人の技術

忘れてはならないのは、日本酒を造る職人の技術です。洗米・浸漬しんせき・蒸米から、麹造り、仕込み、上槽まで、酒蔵の職人たちがその日の気温や湿度なども考慮しながら作業を行なっています。整った設備環境と伝統の技で、米の美味しさを最大限に生かした久保田 萬寿が醸造されています。

久保田萬寿を飲みたい方はこちら

お正月や誕生日、記念日などにちょうど良い720mLサイズや、贈答用として選ばれる一升瓶、千寿・百寿との飲み比べセットなどがありますよ。なお、久保田 萬寿はやはり冷酒や常温で飲むのがおすすめです。

久保田 萬寿 720mL

久保田 萬寿 純米大吟醸 720 ml出典:久保田 萬寿 純米大吟醸 720 ml
購入はコチラ

久保田 萬寿 1.8L

久保田 萬寿 純米大吟醸 1.8L 1本出典:久保田 萬寿 純米大吟醸 1.8L 1本
父の誕生日に送りました。帰省した際に飲みましたが、美味しくいただけました。 出典:Amazon:久保田 萬寿 1.8L
購入はコチラ

久保田 飲み比べ 720ml×3本

久保田 飲み比べ ギフト720ml×3本【久保田百寿,久保田萬寿,久保田千寿・】出典:久保田 飲み比べ ギフト720ml×3本【久保田百寿,久保田萬寿,久保田千寿・】
3種セット萬寿は飲んだこと無かったので、味比べのためにこちらの3種セットを購入。百寿、千寿と飲んでみて美味しく頂けました。次は初の萬寿飲みたいと思います。 出典:Amazon:久保田 飲み比べ
購入はコチラ

久保田 萬寿の美味しさを堪能しよう

価格が高めなので躊躇してしまう、という方もいるかもしれませんが、久保田 萬寿のこだわりを考えればその価格にも納得できますね。

酒米から丁寧に作られ、清らかな水が使われていることで、米の旨味が生きた辛口のすっきりとした味わいが楽しめます。

そんなお酒だからこそ、毎日がぶがぶ飲むのは難しくとも、イベントや特別な日などにじっくりと味わいたいものです。久保田 萬寿を飲んだことがない方は、ぜひ一度試してみてくださいね。

購入はコチラ

 

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。