絵文字開発者・栗田穣崇氏が語る!40男が絵文字を使うベスト回数は?
- -

絵文字開発者・栗田穣崇氏が語る!40男が絵文字を使うベスト回数は?

LINEのようなコミュニケーションツールには、スタンプや絵文字などは欠かすことのできない存在だが、その先駆けとなったのはNTTドコモが1999年にサービスを開始した「iモード」時代の12×12ドットのシンプルな絵文字だ。2016年には、ニューヨーク近代美術館・MoMAに初期絵文字の176種類が「emoji」として収蔵されたことでも話題になり、現在ではemoji関連商品が販売されるほどの人気ぶり。そこで、絵文字の開発者の一人である株式会社ドワンゴ取締役・栗田穣崇氏に詳しい話を聞いた。

短文コミュニケーションの感情表現として生まれた

現代であれば、「了解」を「り」と略したり、「(笑)」を「ww」や「草」で表したり、文字だけであっても表現の幅が広がっているが、iモードが誕生した時代はそうではなかったという。

「iモードはE-mailでのやり取りだったのですが、当時はメールの文章が固くなり、iモード前のポケベルでは、短文でのやり取りで相手の感情を読み取るのが難しかったんです。例えば、恋人から“何してる?”と送られてくると意図がわからなくて焦るんですよね。冷たくなりがちな短文の印象を変えるために、絵文字を作りました。どんな短文であっても、ハートマークをつけるだけで和らぐんです」(栗田氏、以下同)
たしかに、「何してる?」だけでは、行動を疑われているようにも感じてしまうが、「何してる?(ハートマーク)」であれば、ポジティブに受け止めることができる。

絵文字の制作期間は1カ月程度だった

12×12ドットという小さな世界で絵を表現するのは、プロのデザイナーであっても困難に思えるが、実際にはどうだったのだろう?

「iモード自体は2~3人で作っていて、絵文字は私が方眼紙でラフを書いてデザイナーに送るという作業を3週間くらいのストロークでやっていました。12×12ドットではデザインの幅がないので、さほど難しくはなかったです。ただ、犬や猫は表現が難しくて苦労しましたし、銀行ATMは“ATM”、ホテルは”H“のように、文字で表現したものもあります」
栗田氏はデザインとは無縁だったそうだが、iモードのプロジェクトチームに入り、その才能を開花させたようだ。そんななかでも、カクテルやカメラ、クリスマスツリーは、デザイン的にも可愛くキレイに作れたという。

40男が絵文字多用はNG?最適な使用頻度は…

前置きが長くなってしまったが、本題である絵文字の使用頻度。若者や女性ならば、メールのなかに絵文字を散りばめるのもアリかもしれない。しかし、40男が絵文字を多用するのはいかがなものなのか?

「絵文字自体は、顔や手を組み合わせて使われてきた経緯はありますが、ある程度の年齢の方が、絵文字を多用すると“おっさん”ぽく見られがちで、ネット上でも話題になっています。実は私もここぞというときしか使わないんです。外国でも男性が絵文字を多用することは女性のウケがあまりよくないので、メール1通につき1個程度が無難ではないでしょうか」

たしかに、ネット上では「オジサンLINEごっこ」と呼ばれる、オジサンからのメッセージの特徴を模したやり取りをすることが流行ったほど、絵文字の多用はオジサンの特徴のひとつ。だからこそ、スマートな40男を目指すなら、“ここぞ”というシーンだけにさりげなく絵文字を添えるのがベストかもしれない。

emojiがSIGGボトルやORNAMENTカードケースになった

短文でのやり取りで感情表現を可能にした絵文字は、コミュニケーションの在り方を変えたと言っても過言ではない。また、MoMAに永久所蔵されるほどのデザイン価値もあり、emojiとして世界に浸透しているが、そもそもemojiは開発元であるNTTドコモの資産のひとつ。
NTTドコモでは、dショッピングやdショッピングギフトと呼ばれるオンラインショップを運営しており、提携先である三越伊勢丹とemojiのコラボが実現。2月13日からemojiがプリントされたSIGGボトル(数量限定)やORNAMENTカードケース(予約受注)が販売される。さらに、dショッピング・dショッピングギフト限定のアイテムだから、レアアイテムであることは間違いない。

現代の絵文字のように、グラフィカルで色鮮やかではなく、単色でシンプルなピクトグラムのemojiは、懐かしさのなかにも洗練されたデザインがあり、“オジサンごっこ”などと揶揄される心配もない。絵文字は好きだが、使用しづらいという場合は、こういったアイテムを普段使いしてみるのもよさそうだ。
【商品情報の詳細はこちら】
【商品情報の詳細はこちら】
SIGボトル、ORNAMENTカード―ケースの販売・受注受付は、2018年2月13日(火)10:00から開始。dショッピング・dショッピングギフトではdポイントをためる・つかうことができます。
<詳細はこちら>