メディア個別 “茶室”が客室のデザインコンセプト──渋谷「hotel koé」 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第17回 | 大人旅にオススメ!世界の旅館・ホテル

“茶室”が客室のデザインコンセプト──渋谷「hotel koé」

茶室をデザインコンセプトにしたモダンな客室が特徴のホテル「hotel koé」が2018年2月9日、渋谷にオープンする。手がけるのはファッション分野で名を馳せるストライプインターナショナルで、同社によるブランド「koé」のグローバル旗艦店「hotel koé tokyo」内に設けられる。

多彩な体験ができるアパレルショップ内に開業

ストライプインターナショナルは、さまざまなブランドを展開するアパレル分野にとどまらず、近年、衣食住のライフスタイル全般へと事業を拡大。ホテル併設型店舗「hotel koé tokyo」は、同社によるライフスタイルブランド「koé」のグローバル旗艦店として渋谷に誕生する。ステイ、ファッション、ミュージック&フードをキーワードにした店舗で、「HOTEL in shop」というコンセプトのもと、ホテルやレストラン、アパレルショップなどで構成される。

1Fには代官山の人気フレンチレストラン「Ata」を手がける掛川哲司シェフのプロデュースによるブレッド&ダイニング「koé lobby」が入るほか、イベントスペースも設けられる。2Fには「koé 渋谷店」が入り、アパレルや雑貨を販売。そして、茶室をデザインコンセプトとした「hotel koé」が3Fに入り、利用者はファッション、音楽、食事、宿泊といったさまざまな経験を通じて、「koé」の世界観を体感できる。

「hotel koé」が設けられる3Fは、フロア全体が装飾や加工を極力削ぎ落とした、シンプルで上質なデザインに仕上げられる。ゲストルームは離れや小上がりといった和の要素を取り入れてモダンにアレンジ。使用する建築材料は石やタイル、鉄を中心に最小限にとどめられ、素材の「素」の質感を活かした空間が広がる。また、フロア内の通路にはデジタルアートを展示。伝統的な和のテイストだけでなく、現代のテクノロジーもミックスされた非日常感を演出する予定だ。

縁側のように腰かけられる小上がりや離れが客室内に

ゲストルームの種類はS(Standard)とM(Medium)、L(Large)、XL(Extra Large)の4タイプで、シングルからファミリーまで対応。S(Standard)が7室、他のタイプは各1室で、合計10室が設けられる。

1〜2名用のS(Standard)は、必要なものだけを最小限揃えたゲストルーム。静かに自分自身の「コエ」に耳を傾ける時間を提案する。

腰かけられる小上がりにベッドが置かれたM(Medium)は定員2名で、エネルギッシュな「動」の渋谷と落ち着いた「静」の茶室という異なるテイストを調和させたデザイン。日本特有の「内」と「外」の曖昧な境界線の感覚を活かし、ゆっくり過ごせる空間を提供する。

スタイリッシュでありながら「和」も意識した定員2名のL(Large)はゲストルームの形状を活かし、長い小上がりを設置。段差に腰かければ、縁側でくつろいでいるような感覚を得られる。

XL(Extra Large)は、最大4名での利用が可能なスイートルーム。特色は室内に離れのようなスペースが設けられていることで、日本家屋に宿泊しているかのような感覚を味わえる。開放感のある大きな窓からは渋谷の街並を一望でき、贅沢な時間を過ごせる部屋だ。

なお、いずれのゲストルームにも、無料のスマートフォン「handy」が設置される。インターネットや国内・国際電話を無制限で使用でき、快適な旅を手助けしてくれるだろう。

フロア内には、各ゲストルームの宿泊者が離れのような感覚で利用できるホテルラウンジも併設される。ラウンジでは、バータイムに最高品質の無農薬日本茶を提案するThe Tea Companyとのコラボレーションメニューなどを用意。日本茶や抹茶、さらには日本茶ベースのカクテルなど、このホテルらしいドリンクを楽しめる。また、バータイムには、1Fの「koé lobby」による軽食メニューも味わえるほか、朝食の時間帯には同じく「koé lobby」のオリジナルベーカリーが提供される。

喧騒の街にあって、宿泊者に静けさを提供する「hotel koé」。東京への出張時や旅行時の利用はもちろんのこと、東京近隣の在住者にとってもリフレッシュしたいときや、自分と向き合いたいときなどに活用できる場所となりそうだ。なお、「hotel koé」、「hotel koé tokyo」ともに、開業日は2018年2月9日。すでに宿泊の予約受付も開始している。

Text by Fumio Miyata

Edit by Kei Ishii(Seidansha)

関連リンク
hotel koé(ホテル コエ)
S(Standard):定員1〜2名、室料3万6000円〜
M(Medium):定員2名、室料8万5000円〜
L(Large):定員2名、室料11万円〜
XL(Extra Large):定員4名、室料25万円〜
※室料は時期や予約のタイミングによって変動。消費税、サービス料別。

editeur

検索