メディア個別 普遍的という正義──4代目“ザ・ジープ”ラングラー | editeur エディトゥール

editeur

検索
第6回 | Jeepの最新車デザイン・性能情報をお届け

普遍的という正義──4代目“ザ・ジープ”ラングラー

ロレックスのダイバーズウォッチやモンブランの万年筆がそうであるように、完成されたデザインと機能を持つ製品は、形を変えることなく長きにわたって愛され続ける。“ザ・ジープ”と呼ばれる『ラングラー』も、そうした普遍的な魅力を放つ製品のひとつだ。しかし、自動車の場合、安全性能や環境性能など、要求される性能が年々高まっていく。そこでジープが送り出したのが、時代に合わせて進化させた4代目『ラングラー』である。一見なにも変わっていないように見えるが、これは10年ぶりにフルモデルチェンジされたまったく新しい『ラングラー』なのだ。

アメ車として異例の人気を誇るジープ『ラングラー』が10年ぶりフルモデルチェンジ

日本では「アメ車は売れない」というのが定説となっているが、このクルマだけは例外だろう。

1940年代に生まれた軍用車両の面影を残し、ひと際タフなオフロード性能を持つプリミティブなモデルの『ラングラー』は、人々が「Jeep」の名を聞くと真っ先に形を思い浮かべるクルマだ。アウトドアを愉しむためのタフな相棒として、あるいはライフスタイルを表現するファッションアイコンとして、日本でも高い人気を誇るアメ車のオフローダーである。

人気の理由のひとつは、昔から大きく変わらない普遍的なスタイリングにある。それだけに、『ラングラー』には「フルモデルチェンジ」という言葉は似合わないかもしれない。

しかし、じつは1987年のデビュー以来、1996年に2代目(TJ型)、2007年には3代目(JK型)へと進化するなど、時代に合わせて幾度もモデルチェンジが施されてきたのだ。

今回フルモデルチェンジを受けた新型『ラングラー』は4代目にあたる。ワールドプレミアされた2017年11月のLAオートショーでは、この新型『ラングラー』の登場が最も話題となったほどで、その注目度の高さがうかがえるだろう。

ジープ伝統のセブンスロットグリルが「ジープCJ」を想起させるデザインに変更

デザインは、一見しただけでは先代JK型との大きな違いは見て取れない。しかし、細部に目を凝らせば、ボリュームが増したボンネット、ワイド感を強調したバンパー、フロントフェンダーなど、先代モデルから進化を遂げていることがわかるはずである。

また、ジープ伝統のセブンスロットグリルは、『ラングラー』の前身である「ジープCJ」を想起させるデザインに改められた。「CJ」とは、軍用のミリタリージープから派生した民生仕様の「シビリアンジープ」を表す略称である。

しかし、今回のモデルチェンジはデザインの変更がメインではなく、注目すべきはむしろクルマの“中身”だ。

基本構造は継承しつつ、軽量化と省燃費化を図るため、ドアやボンネット、フェンダー、ウィンドウフレームなどに高張力アルミニウム素材を採用し、リヤのスインゲートはマグネシウム製に変更された。その結果、およそ90kgの軽量化を実現したという。

さらに、オフロード性能を犠牲にすることなくオンロードハンドリングと快適な乗り心地を実現するために、4輪コイルスプリングのサスペンションもチューニングして最適化が図られた。

もちろん、パワートレインも刷新されている。現時点では3.6LのV型6気筒ガソリンエンジン(6速MT/8速AT)のみの設定だが、LAショーでの発表時には、マイルドハイブリッドシステムの「eトルク」を搭載する2.0L 4気筒ガソリンターボエンジンの存在も明らかにされている。今後は3.0LのV型6気筒ディーゼルエンジンも投入される予定だという。

新型『ラングラー』の室内は質感や機能が大幅に向上…しかし走行後に丸洗いも可能

インテリアの質感や機能が大幅に向上している点も新型『ラングラー』の大きな魅力のひとつだろう。

ボディカラーと同色のパネルの採用し、ステアリングに金属調のパーツが装着されるなど、質実剛健だった先代モデルと雰囲気を一変。インパネに5インチ(7インチ、8.4インチも選択可能)のインフォテイメント用タッチスクリーンやコネクティングデバイスが装備され、ユーザビリティが高められた点も新しい。

このインフォテイメントシステムには第4世代の「Uconnectシステム」が搭載され、ナビゲーションやオーディオなどの操作が可能。オフロード走行時にはここに表示される各種の情報が役立つはずだ。当然、USBポートや12V電源も備えており、Apple CarPlay、Android Autoに対応する。

ちなみに、生粋のオフローダーらしく、車載システムやスピーカーはすべて防水仕様。山や川を駆け巡った後に丸洗いすることもできるわけだ。

新型『ラングラー』のボディは2ドアと4ドアの2種類、4グレードをラインナップ

ボディバリエーションは、先代モデルと同じく2ドアと4ドアがあり、それぞれに初めて電動となるソフトトップと「フリーダムトップ」と呼ばれるハードトップが設定された。

グレードは、2ドアが「スポーツ」「スポーツS」、よりオフロード性能を高めた「ルビコン」の3タイプ。4ドアは「スポーツ」「スポーツS」「ルビコン」に加え、4ドアのみに設定される上級仕様「サハラ」(下の写真)の4タイプをラインナップ。「ルビコン」「サハラ」はLEDヘッドランプを備える。

ボディカラーは9色が用意され、ソフトトップのカラーはブラックとタン(ベージュ)、ハードトップはブラックとボディ同色から選択可能だ。

さらに、「MOPAR」ブランドから販売される「ジープ・パフォーマンス・パーツ」をはじめ、200点以上の純正アクセサリーも用意されるというから、“自分だけの一台”を作り上げる愉しみもありそうだ。


価格は日本円でおよそ300万円~450万円、北米市場では2018年1月から販売開始

新型『ラングラー』は本国アメリカでは2018年1月から販売が開始され、価格は日本円でおよそ300万円~450万円。先代モデルよりも20~30万円程度高くなった形だ。

2017年モデルの日本仕様では、4ドアの上級モデル「アンリミテッド サハラ」が427万6800円だったので、新型が導入された際には450万円程度になるのではないだろうか。

しかし、内容を見ればわかるように、これはいたずらに値上げしたものではなく、根拠のあるプライスアップだ。国内販売が開始されたら、きっとまた人気となるに違いない。

普遍的な魅力をさらに高めた“ザ・ジープ”。日本に上陸する日が今から待ち遠しい。

Text by Muneyoshi Kitani

Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

関連リンク
Jeep Wrangler オフィシャル動画

editeur

検索