メディア個別 プレイバック! ヴィクトリアズ・シークレット2017 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第27回 | 魅惑のボディで注目のスーパーモデル

プレイバック! ヴィクトリアズ・シークレット2017

ヴィクトリアズ・シークレットが2017年11月に史上初めて上海で開催したランウェイショーは、様々なハプニングによって例年以上に話題を集めた。セクシーな美女たちによる豪華絢爛なショー、「ヴィクトリアズ・シークレット2017」をダイジェストで振り返る!

プレイバック1…ジジ・ハディッドの出演取りやめ&ベラ・ハディッドの“ポロリ”

専属モデルのエンジェルではないものの、いまやヴィクシーのショーに欠かせない存在となっているのが、ジジ・ハディッドとベラ・ハディッドの超人気モデル姉妹だ。

2017年も姉妹揃って出演するはずだったが、ジジは中国当局から入国ビザを発給してもらえず参加を断念。一方、ショーでは3ルックを披露して大活躍したベラにも、キャットウォーク中にブラが下がってバストトップが“ポロリ”してしまうハプニングが発生した。

プレイバック2…アレッサンドラ・アンブロジオが“ヴィクシーエンジェル”を引退

17年にわたってショーに出演し続けるなど、アドリアナ・リマと並んで“ヴィクシーエンジェルの顔”というべき存在だったのがアレッサンドラ・アンブロジオである(メイン写真中央)。

しかし、アレッサンドラはショーの終了後、インスタグラムでエンジェルの羽を畳むことを発表。今後は自身が立ち上げたブランドと、女優としてのキャリアにフォーカスしていく予定だという。

プレイバック3…ランウェイショーのアフターパーティーが警察の介入で強制解散に

ヴィクシーでは、ランウェイショーの後に華やかな公式アフターパーティーが開催されるのが恒例だ。セクシーなランジェリー姿から一転、ゴージャスなドレスに身を包んだ美女たちがピンクカーペットを歩くのである。

ところが、このパーティーのために招待されたDJのヴィクター・エイムがプレイを開始し、モデルたちがフロアで踊っていると、突然音楽がストップ。会場に多数の武装警官が入ってきてパーティーが中止させられてしまったという。じつに中国らしい話だが、美女たちもさぞ驚いたに違いない。

下の写真は“ポロリ”ハプニングで話題となったベラ・ハディッドだ。

プレイバック4…地元中国出身のミン・シーが転倒するアクシデントに会場が騒然!

しかし、なんといっても今回のショーで一番話題となったのは、地元中国出身のスーパーモデルのミン・シーがドレスの裾にヒールを絡ませ、ランウェイで転んでしまったシーンだろう。

会場が騒然となるなか、ミン・シーにやさしく手を差し伸べたのが後ろを歩いていたジゼル・オリヴェイラ。立ち上がったミン・シーがパフォーマンスを続行すると、会場からは賞賛の拍手と歓声が上がったという。

中国のランジェリー市場の売上高は年間約1兆6500億円以上、市場規模は9900億円を超えるという。これこそヴィクシーが中国に進出した理由だが、転倒でより注目度を上げたミン・シーは今後、マーケットの主役となるに違いない。

美は一日にしてならず、ヴィクトリアズ・シークレット2018の準備は始まっている

ヴィクシーの経営陣やスタッフは、ショーが終わるとすぐ次の年のショーに向けて準備を始める。それは出演する美女たちも同じだ。

直前に出演が取りやめになったジジ・ハディッドは、それを報告したツイッターで「来年のショーが待ちきれない」とツイートしている。この言葉からうかがえるのは、彼女がもう、2018年のショーに向けてトレーニングを始めているということだ。

美は一日にしてならず。こうした努力があるからこそ、スーパーモデルは女性たちの支持を受け、その美ボディで男たちをも魅了する。2018年11月のショーが今から楽しみだ。

Text by Seitaro Ramon

Photo by (C) PA Photos/amanaimages(main)

Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

editeur

検索