180111 (33)
- 冬の男のボディケア -

「乾燥」、「寒さ」、「運動不足」に要注意! 冬の抜け毛対策と頭皮ケア

髪に悩みを持つ40代男性にとって、冬は注意が必要な季節。外気の乾燥や気温の低下などにより、抜け毛が増える危険性があるからだ。皮膚科医を務める福永麻紀さんに、冬の抜け毛の詳しいメカニズムとその対策法を聞いた。

■今回のアドバイザー
北青山Dクリニック 皮膚科医
福永麻紀さん

慶応義塾大学医学部卒業後、同大学皮膚科学教室に入局。浦和市立病院皮膚科、練馬総合病院皮膚科を経て、現在は北青山Dクリニックフォーラムに在籍し、皮膚科治療を中心に診療している。

冬に抜け毛が増えるのは「乾燥」、「血行不良」、「代謝不良」の3つが原因

実感としても多い印象がある冬の抜け毛。本当に、冬になると抜け毛が増えるのだろうか?

福永さん「寒い時期に抜け毛が増える原因は3つ考えられます。まずひとつ目が『乾燥』。外気が乾燥すると皮膚の保湿能力が下がって外からの刺激に弱くなります。また、乾燥を補おうと皮脂の分泌も多くなるため、頭皮環境のバランスが崩れてフケが増え、頭皮に悪影響を及ぼすのです。

2つ目は『血行不良』です。気温が下がると血管が収縮し、髪の毛に栄養が行き渡らず抜け毛が悪化します。そして、3つ目が『代謝不良』。外出が少なくなる冬は運動量も少なくなり、筋肉量が減ってしまう。当然、代謝も落ちます。代謝が悪いと毛穴から排出されるはずの古い皮脂が残り、毛穴が詰まってしまうため、抜け毛につながるのです」

頭皮の乾燥対策には保湿力のある「アミノ酸系シャンプー」が効果的!

冬に抜け毛を引き起こす3つの問題のうち、最も重要なのは「乾燥対策」だという。頭皮を外気の乾燥から守るにはどうすればいいのだろうか?

福永さん「おすすめは、保湿力のあるシャンプーを使うこと。なかでも乾燥対策に最適なのが、『アミノ酸系シャンプー』です。アミノ酸系シャンプーは、タンパク質由来の低刺激な洗浄力なので、髪や地肌の潤いをキープできます。

男性には、頭皮がスーッとするタイプのシャンプーを使用している方がよくいますが、そうしたシャンプーにはアルコール成分が入っていることが多いため、あまりオススメできません。アルコールは蒸発すると、同時に頭皮の水分も奪ってしまうため、乾燥する時期は避けたほうが良いでしょう。

また、お風呂上がりの頭皮ケアも大切です。男性にはドライヤーを使わない方も多いようですが、シャンプー使用後はとにかくよくゆすぎ、濡れた髪をすぐ乾かすことが大事です。頭皮が湿った状態のままにしておくと、カビや菌を増殖させ、フケやかゆみの原因になります。特に濡れたまま寝てしまうのは絶対にNG。枕カバーもこまめに取り替えてください」

血行不良と代謝不良には「頭皮のツボ押し」と「毎日の運動」がおすすめ

乾燥だけではなく、血行不良や代謝不良対策も大切だ。なかでも、おすすめは「ツボ押し」だという。

福永さん「血行促進が期待できるされるツボは『角孫(かくそん)』と『百会(ひゃくえ)』の2つ。角孫は耳を折りたたんだときに耳の一番上が当たる部分にあるツボで、百会は左右の耳の穴を上に真っすぐ結んだラインと、眉間の中心から頭頂部に向けたラインが頭上で交わるところにあるツボです。それぞれ、1回につき5〜10回ずつ、優しく円を描くように押してください。ただし、やり過ぎは要注意です。

もちろん、普段から運動をするのも大切です。とはいえ、なかには運動する時間を見つけるのも難しいという人もいることでしょう。その場合は、通勤時に一駅分を歩き、なるべく階段を使うようにするなど、できる範囲でいいので毎日続けることを心がけると良いでしょう」

最後にアドバイザーからひと言

「冬場のフケは乾燥が原因と思われがちですが、脂漏性皮膚炎という病気の可能性もあります。抜け毛にもつながるので、スーツの襟元がフケで白くなっている方は皮膚科で診てもらうことをおすすめします」

Text by Shogo Fuse(Seidansha)

Edit by Kei Ishii(Seidansha)