メディア個別 若さを保つには外見から! 40代男性のための「冬の老け顔」対策法 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第8回 | 冬の男のボディケア

若さを保つには外見から! 40代男性のための「冬の老け顔」対策法

見た目の若さを保ちたい40代男性なら「老け顔」対策にも気を配りたいもの。特に、冬になんのケアもせずに放置していると、顔の老化が進行してしまう危険性があるという。今回は皮膚科医の福永麻紀さんに、「冬の老け顔」対策法を聞いた。

■今回のアドバイザー
北青山Dクリニック 皮膚科医
福永麻紀さん

慶応義塾大学医学部卒業後、同大学皮膚科学教室に入局。浦和市立病院皮膚科、練馬総合病院皮膚科を経て、現在は北青山Dクリニックフォーラムに在籍し、皮膚科治療を中心に診療している。

老け顔の肌は「肌の張りがない」「くすみが増える」「きめが整っていない」

ひと口に「老け顔」といっても、そこには様々な要因がある。一年を通じ、特に冬場に注意すべき「老け顔」の要因はどこにあるのだろう?

福永さん「老け顔とは、肌の張りがなくなり、くすみが増えてきめが整ってない肌のこと。冬は空気が乾燥するので、皮膚のバリア機能が落ち、新陳代謝を低下させます。そのため、肌が生まれ変わるサイクルが長くなり、くすみやたるみ、ほうれい線を目立たせ、肌の老化が進んでしまうのです。

そもそも肌は加齢に伴って乾燥するもの。特に冬は『外気の乾燥』『気温の低下』により、汗と皮脂の分泌が減少します。その結果、より乾燥がよりひどくなり、老け顔になるという悪循環を引き起こすというわけです」

老け顔防止には、泡洗顔と、化粧水を使った保湿がマスト

では、冬場に老け顔にならないためには、どのような対策をすればいいのだろうか?

福永さん「肌の老化を防ぐためのポイントは『洗顔』と『保湿』です。顔を洗うときは、必ず洗顔料を泡立てて、優しく行ってください。その際、細かい粒が含まれているスクラブ入りの洗顔剤、洗顔ブラシは必要以上に皮脂を落としてしまうため、避けたほうが良いでしょう。

洗顔後は皮脂や水分が失われ、外気に触れるとすぐに乾燥してしまいます。そこで重要となるのが保湿です。保湿には、化粧水が欠かせません。40代の男性は化粧水になじみが薄く、使うことに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。そんな人には男性用化粧水がおすすめ。化粧水、乳液、美容液がまとめて入っているオールインワン化粧水などもあり、これなら抵抗感無く使うことができるはずです」

睡眠不足、喫煙、飲酒などの生活習慣を見直して脱「老け顔」へ!

ただし、これらの方法はあくまでも対策。老け顔にならないために重要なのは、生活習慣そのものを見直すことだという。

福永さん「老け顔は、肌によくない=血行不良を招く生活習慣によって引き起こされます。血行不良は新陳代謝を低下させるため、肌の老化につながるからです。

具体的には『睡眠不足』『喫煙』『お酒』などが老け顔を招くNG習慣にあたります。特に、長年喫煙を続けられている方は、肌がくすんでいることが多いですよね。これらを見直すことが脱老け顔の第一歩です。

加えて、普段から意識して体を動かすのも大切です。たとえば、駅までの道でバスを使っていたのを徒歩にする、ゆっくり歩く…。デスクワークがメインの方の場合、通勤時にこうした些細な運動をするだけでも十分血行促進につながります。ぜひ取り入れてみてください」

最後にアドバイザーからひと言

「生活全体を見直すことが、キレイな肌への近道ですよ」

Text by Shogo Fuse(Seidansha)

Edit by Kei Ishii(Seidansha)

関連リンク
北青山Dクリニック

editeur

検索