メディア個別 これが最終型──究極のAston MartinヴァンキッシュS | editeur エディトゥール

editeur

検索
第14回 | アストンマーチンの最新車デザイン・性能情報をお届け

これが最終型──究極のAston MartinヴァンキッシュS

モデル末期というとネガティブなイメージを持つかもしれないが、自動車では「熟成された弱点の少ないモデル」を意味する。そして、最後のときが近づくと、スペシャルなモデルが最終型として用意されるのが常だ。アストンマーティンのフラッグシップモデル『ヴァンキッシュ』も、デビューから6年が経過し、最終段階に入った。それを受けて登場したのが、究極の名を冠した特別仕様車『ヴァンキッシュS Ultimate(アルティメット)』だ。

『ヴァンキッシュ』シリーズのモデル末期に登場した特別なリミテッドエディション

アストンマーティンの名は、ロンドン郊外のある土地に由来する。バッキガムシャー、アストン・クリントン。この村で行われたレースで、創業者の一人であるライオネル・マーティンが成功を収めたことから、ブランド名が誕生した。

このエピソードからも、アストンマーティンの本質が、走りを追求するスポーツカーブランドであることがわかるだろう。伝統は脈々と受け継がれ、2017年のル・マン24時間耐久レースでも、クラス優勝を果たしている。

そんなアストンマーティンのフラッグシップが『ヴァンキッシュ』だ。持てる技術の粋を尽くしたモデルで、ブランドの本質を極限まで追求したといってもいいだろう。デビューは2012年。その後、2013年に『ヴァンキッシュ ヴォランテ』、2016年に『ヴァンキッシュS』へと続く。

ベースモデルのデビューから6年が経ち、そろそろモデル末期に入ったことも関係しているのだろう。この『ヴァンキッシュ』から、究極の名を冠した特別な一台が生み出された。それが『ヴァンキッシュS アルティメット』だ。

最終モデル『ヴァンキッシュSアルティメット』に用意された3つのデザインテーマ

ベースは『ヴァンキッシュS』。アストンマーティンの伝説的な自然吸気6.0L V12エンジンを搭載し、595bhpの最高出力を誇る。組み合わされるトランスミッションは、8速のタッチトロニック3。シフトチェンジの時間が短く、優れたレスポンスと洗練性を発揮する。

内外装のデザインは、3種類のカラーデザインから選択可能。共通する装備には、ローズ・ゴールドのUltimateプレートを備えたカーボンファイバー製サイドストレーキ、カーボンファイバー製トレッド・プレート、Ultimateシル・プレート、特別なステッチが施されたキルトデザインシート、「Vanquish S Ultimate」の刺繍が施されたヘッドレストなどがある。

3種類のデザインの特色にも触れておこう。

最初は、「アルティメットブラック」塗装によるモノクローム・デザイン。第一世代の『ヴァンキッシュS アルティメット』にも採用された伝統色だ。

ブラックのエキゾースト・テールパイプ、ブレーキ・キャリパー、ウィンドウ・トリム、5スポーク・ホイールに加えて、ボンネット・ルーバー、フロントグリル、サイドストレーキなど広範囲にカーボンファイバーが使用された。

フロント・エアインテーク、サイドシル、リア・ディフィーザーには、コッパー(銅色)、ブロンズ(青銅)のグラフィックが施されている。

インテリアもコントラストにこだわる。ファントムグレイ・レザーのシート地に、「エレクトロン・イエロー」のアクセントと「スペクトラル・ブルー」のステッチが鮮やかだ。

最後は、クールな印象のホワイト・ゴールドのボディカラーと、暖かい印象のブロンズ・グラフィックが特徴的だ。ここに、グロスブラックとカーボンファイバーのディテールが、華を添える。

インテリアでは、チェストナット・タン・レザーとオブシディアンブラックのアクセントが基調となり、トラディショナルなカラー・コンビネーションで、現代的な雰囲気が醸し出される。

次期『ヴァンキッシュ』はターボ搭載? 伝統の自然吸気V12を味わえる最後の一台

ボディタイプはクーペとオープンの2タイプ、世界限定でわずか175台だけが販売される。

価格はクーペが英国で21万1995ポンド(1ポンド=150円で約3179万9250円)、ドイツで27万8995ユーロ(1ユーロ=132円で約3682万7340円)。オープンが英国で22万3995ユーロ(1ポンド=150円で約3359万9250円)、ドイツで29万3995ユーロ(1ユーロ=132円で約3808万7340円)。日本での発売はアナウンスされておらず、今のところ未定だ

価格的にもアルティメットな一台。次期『ヴァンキッシュ』にはターボが搭載されるという噂もあり、そうなると、これがアストンマーティン伝統の自然吸気V12を味わえる最後の一台になるかもしれない。

Text by Tsukasa Sasabayashi

関連リンク
Aston Martin Vanquish S オフィシャル動画

editeur

検索