メディア個別 裏路地で“隠れ家”の接待を。新橋「グロッタ アズーラ」 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第23回 | 酒?料理?個室?目的別の接待の切り札店

裏路地で“隠れ家”の接待を。新橋「グロッタ アズーラ」

「隠れ家」を売り文句にする店は数多くあるが、新橋SL前広場からすぐの裏路地に佇む、「グロッタ アズーラ」ほど隠れ家と呼ぶにふさわしい店も、そうないだろう。決して大箱とは言えない店ではあるがそれは、隠れ家としてはむしろ大きなメリット。料理自体が旨ければ、なおのことだ。

接待する側のセンスが問われる特徴的な接待スペース

店名の「グロッタ アズーラ」とは観光名所として知られる、イタリアの「青の洞窟」のこと。築30年の一軒家を改装したという店の扉を開けると、いきなり4席ほどのカウンター席が目に入る。2階も12名が入るといっぱいになるぐらいの、こぢんまりとした作りの店だ。

「個室として使える2階の貸切りは、8名様以上からとなります。8名以上そろう接待はそう多くないと思いますので、そうした場合、他のお客様のテーブルが並んでしまうことになりますね。部屋自体も広くはないためテーブル間のスペースも限られていますので、そうなるとまず内密な話は難しいですし、形式ばったというか、いわゆる“接待らしい接待”を望まれる場合には…あまり向いていないと言わざるをえません。初めて予約されるお客様にも、正直にそう説明しているんですよ(苦笑)。それでも実際には、接待で使っていただくことも多いのですけどね」(料理長・篠原さん)

要するに使い方である。どんな相手か、どのような接待を“演出”すべきなのかそこは、こちらの判断、使い方といえるだろう。パーティー感覚のライトな接待、あるいは本当のパーティーなどで、その本領を発揮することになるだろう。

ここでしか食べられない。オリジナル感のあるイタリアン

先にネガティブな面を明らかにしてしまったが、とにかく料理は旨い。「和食の技法を生かしたイタリアン」というコンセプトがあるように、どの料理にも、必ずなにか特徴的なところがある。まさに一味違うイタリアンが楽しめるのだ。まずはお店の目玉となっている料理を3品いただいてみよう。

【完熟トマトのブラッドオレンジ仕立て】(アラカルト価格:580円)

湯むきしたトマトを、イタリア産ブラッドオレンジ(果肉、果汁が赤く甘味が強い種類のオレンジ)のジュースに漬け込んだ冷製料理。コース料理では先付けとして提供されるというこちらの一品は清涼感のあるさっぱりとした味わいで、食欲と続く料理への期待をあおる存在だ。正式にはイタリア料理でなく、和食の煮びたしの影響を感じる、この店オリジナルの料理でもある。

【海の幸たっぷり!魚介のアヒージョ】(アラカルト価格:1280円)

有頭の赤エビが3尾、ほかカキ、ヤリイカがぎっしりと(季節により変わる)具も豪華ではあるが、とにかくオイルがうまい。潰したニンニクを3時間、弱火で煮こんだ結果、食欲をそそるあの風味が抽出され代わりに具材を味わうには邪魔になりがちな尖った辛味、臭みだけが消えているのだ。具材を食べ終わると、どろっとしたニンニクのペーストが残ることになるが客の多くが、これを最後まですくいとって食べるという。リピータ続出、シェフも「ウチに来たら絶対に食べて欲しい」という名実ともに看板メニューである。

【ピザ マルゲリータ】(アラカルト価格:1200円)

トマトとモッツアレラチーズ、バジルのみのトッピング。こういってはなんだが見た目はなんてことはないシンプルなピザである。ところが、焼く前にこねて作る生地がめっぽう旨い。薄手でカリッとしており、これだけ食べたくなるような風味の良さなのだ。様々なトッピングが可能であるものの、「生地を味わいたい」お客さんが多く、結果的に一番売れているのは同店でもっともシンプルなこのマルゲリータというわけだ。

2時間飲み放題付き5000円のコースは、突き出し、サラダ、アヒージョ、パスタ、熟成肉のステーキ、デザートで構成される。ちなみにステーキに使われているのは「秋田牛」というブランド牛。あまり聞きなれないかもしれないが、米どころ秋田にて、その米を餌にして肥育されており柔らかく、旨味、脂の口どけが良いと評価を受けている。扱う店もまだ限られており、この店の特徴のひとつといえよう。

接待使いということなら、2階がオススメ。貸切となれば、独立した部屋どころかフロアごととなるので、プライベート感は抜群である。前述のように「かしこまった感」の演出には向いていないが、膝を突き合わせたお付き合い、接待ができるだろう。すでに気心しれた相手、あるいはかしこまった席、格式張った席での接待にはすでに飽きている相手であれば間違いなく、深く残る印象にのこる接待ができるはずだ。えっ、と思うほどの美味しい体験を共有できるこの店。ちょっと違う接待の店、変化球として十分にアリ、なのである。

Text by Masayuki Utsunomiya

店舗情報
イタリアンバール「Grotta Azuurra(グロッタ アズーラ)」
電話 03-6273-3202
住所 東京都港区新橋2-8-14 三研ビル別館
営業 月〜木、土 17:00〜27:00/金 17:00〜翌5:00
定休 日・祝日 ※貸切予約の場合は営業可

editeur

検索