メディア個別 【おとなの週末】駅弁&店弁63個を実食して決定!東京駅の大満足弁当特選コレクション! | editeur エディトゥール

editeur

検索
第37回 | おとなの週末 powered by éditeur

【おとなの週末】駅弁&店弁63個を実食して決定!東京駅の大満足弁当特選コレクション!

品数が多すぎて迷いに迷う駅弁&名店弁当の中から、また食べたくなる逸品を求め連日大調査。厳選された15個、出揃いました!

駅弁専門店『祭』の即買い弁当BEST7■駅弁編

構内の駅弁専門店『祭』に並ぶ弁当の数はなんと約200種。食べ比べで見つけ出したリピート買い決定の駅弁7つを、比較的手に入れやすい時間帯メモ付きで大公開!

鳥取のカレーメンチカツサンド
600円(アベ鳥取堂[鳥取])

カレーの消費量日本一の記録がある鳥取ならではの、濃厚なカレー風味のメンチカツが具に。鳥取産の牛・豚・鶏肉を使い、辛党も満足するスパイシーさだ

えび千両ちらし
1300円(新発田三新軒[新潟])

ダシの利いた厚焼き玉子をめくると、コハダ、うなぎ、イカ、エビがお出迎え。食感が違う素材をおぼろ昆布をひいた酢飯が受け止め、まさに味の千両箱

常陸牛 牛べん
1050円(しまだフーズ[茨城])

常陸牛をすき焼き風に味付け。数ある牛肉系駅弁の中でも味が濃すぎず、肉の風味をしっかり感じられる。副菜の里芋と鶏肉の湯葉包みと煮たまごも上品な味付けで、箸休めに最高だ

海苔のりべん
950円(福豆屋[福島])

ふんわり詰めたご飯で昆布の佃煮と海苔を挟み、1番上には炒ったおかかと海苔、梅干しをのせた2層仕立てののり弁。脂がのった鮭に煮物、卵焼き他、おかずの隅々まで丁寧な味わい

のどぐろと にしんかずのこ さけいくら
1200円(神尾商事 神尾弁当部[新潟])

ニシン・のどぐろ・鮭はどれも身がしっとりで箸が進む。かずのこ、いくらもしょっぱすぎず甘すぎず、新潟産コシヒカリ使用の酢飯とよく合う。日本酒とも合いそうな弁当だ

津軽めんこい 懐石弁当 ひとくちだらけ
1350円(つがる惣菜[青森])

「煮ほたて」や「なすしそ巻き」など青森県津軽地方の郷土料理が24種も詰められた宝石箱のような弁当。ごはんは左一列に4種の味で並ぶ。お酒と一緒にツマミとして食べるのも良し!

焼肉だらけ
1300円(つがる惣菜[青森])

肉はすべて青森産。鶏の塩照り焼き、豚のみそ焼き、牛カルビの焼肉はどれもぶ厚いのに柔らかい。各種の味付けは青森県民に愛されている「源たれ」が使用され、白いご飯がぐいぐい進む

名店が作る肉弁当&魚弁当BEST8■店弁編

駅ナカ・駅ソトでずらりと並ぶ名店の弁当(店弁)。各店がシノギを削る中、ガツンとジューシーな肉弁と、身がたっぷりの魚弁に的を絞って、思わず顔がほころぶ店弁のベスト・エイトを紹介!

「穴子鮨 平島」 デカネタ炙り握り
1180円(大丸地下)

エビ、サーモン、マグロ、タイ、イカの5種類。醤油ではなく、藻塩をかけ、カボスを搾っていただく。シャリもネタも通常の約1.5倍で想像以上の満足感

「創作鮨処タキモト」贅沢ミルフィーユ
1728円(大丸地下)

一番上に、イクラ、カニ、かずのこ、ホタテ、エビ。さらにご飯の間にサケや高菜、明太子、キクラゲが挟まれ、かなり大盛り。見た目だけでなく、口に運ぶたびに変化する味わいも楽しい

「つきじ喜代村」深川弁当
1200円(エキュート東京)

ぷりぷりのあさりの深川煮がギュウギュウ詰め。マグロの初競りで知られる『すしざんまい』の弁当とあって、さすが太っ腹の盛り付け

「魚力 海鮮寿司」大トロサーモン蒲焼丼(炙り鮭入り)
1000円(京葉ストリート)

左は脂がのったサーモンのハラスをタレに漬け込み、甘辛く蒲焼きにしたもの。右は炙って旨みが増した鮭。甘めの玉子焼きを箸休めに挟みつつ、ペロリと食べられる。

「串くら京都・御池」焼き鳥弁当
1150円(エキュート東京)

ネギ間、モモ、大葉つくねの3本は、焼きたての香ばしさがたまらない。甘辛さが絶妙な鶏そぼろは歯応えがありながら、しっとり。ビールにも合う

「牛たん かねざき」厚切り牛たんステーキ弁当
2000円(大丸地下)

一頭から6枚しか取れない希少な芯タンが6切れ入り。購入後に併設の厨房で焼いてくれるのが嬉しい。副菜に南蛮味噌漬け付き

「平田牧場」三元豚 厚切りロースかつ弁当
1400円(エキュート東京)

すっと嚙み切れる軟らかさで、脂の旨みがじわりと広がる。山形県産「つや姫」のご飯や茹でキャベツなど、おかわりが欲しいくらい美味

「マンゴツリーキッチン“ガパオ”」鶏のガパオ
800円(グランスタ)

ジューシーな挽き肉にスパイシーな辛さが絡む。ジャスミンが香るタイ米も本格的。購入時に温めサービスもあり、ホット弁当派にも嬉しい

『ミート矢澤』の9980円・「極味弁当」のお味やいかに!?

大丸地下で買えるひとつ9980円という超セレブ弁当の箱は、ずしっと重厚な作り。蓋を開けると、A5ランクのサーロインとシャトーブリアンのレアな焼き加減に感激。ハンバーグもとにかくふっくらとブ厚い。

シャトーブリアンは、キメ細かく軟らかくて、噛むたびに旨みが広がり、サーロインは口の中ですーっととろける。ハンバーグにナイフを入れると、肉汁がどばどば溢れ出す。肉の甘さも旨みも濃厚だ。この肉のレベルを考えると、1万円の価値はある! さすがのクオリティは精肉卸業者の直営ならでは。特別感を味わえるので、差し入れや贈り物にもよさそうだ。

『dマガジン』で続きをチェック
おとなの週末 2018年1月号 駅弁&店弁63個を実食して決定!東京駅の大満足弁当特選コレクション!
dマガジン会員の方は「続きを読む」から是非続きをご覧下さい。

dマガジン非会員の方はまずはお試し!今なら初回31日間無料「無料トライアル」へ

editeur

検索