edt_kappuku
- カッコいいエイジング考察 -

出てしまったお腹をプラス評価に!モテる恰幅スタイリング

年齢とともに、だんだんと出てきてしまったお腹…。痩せようとは思うものの、なかなか思い通りにはいかない。では、反対にそのお腹を武器に変えることはできないものだろうか? そう思い、アマータスタイルカンパニーの代表兼スタイリストの尾形靖雄さんに恰幅スタイリングのコツを聞いた。

キーワードは「清潔感」 パンツを基準にコーデを組み立てる

体型が大きめの人は、なんとなく「だらしない」と思われがちだと尾形さん。まずは「清潔感」を出すことをここがけると良いという。

「無精ひげやダラダラと伸びた髪、シャツのしわなど、体型に関係なくだらしなく見えてしまうポイントはたくさんありますが、体型が大きめの人って、細身の人に比べて余計にだらしなく見えてしまうものです。まずは最低限の身だしなみを整えることがスタートです」(尾形さん、以下同)

その上で、自分に合うパンツを見つけ、そのパンツを基準にコーディネートを組み立てると良いのだそう。

「上に着るものだけをカッコよくしても、これしか入るものがないからといつも同じジーパンでは、何の意味もないですよね。自分に合うパンツを見つけられれば、上はどうにかなるものです。コーディネートは足元のシルエットが大事。大きめの方でも、ラインがきれいなら印象はだいぶ変わります。Yラインになりがちなので、要注意です」

また、Yラインになりがちな理由は、サイズ選びに失敗しているからとも尾形さんはいう。

「大きめの方は、きついのが嫌だ、そもそも着られるサイズが少ないなどの理由で、大きめのシルエットの服を選ぶ傾向にあります。しかし、それでは野暮ったく見えるし、だらしなく見えてしまいます。できる限りタイトなシルエット、つまり体にフィットした服を選ぶことで、清潔感が演出できるのです」

膨張色NGは本当!? 色や柄で注意すべき点とは

スタイリングのコツを聞いたところで、色や柄も気になるところ。例えば、白は膨張色だから避けたほうがいいなんて噂もあるけど…?

「膨張色は避けたほうがいいという人もいますが、私はそうは思いません。体型の大きい方には、ゆるキャラ的な可愛さがある人も少なくありませんよね。そういった方なら、一般的にNGといわれる白やピンクなどを着ても、違和感はないはずです。むしろ、それを気にして黒ばかりになるほうがよっぽど注意が必要で、誰でも着やすい色だからこそサイズ感を間違うと失敗しやすいし、クールな印象を与えやすく、なんとなく距離感が生まれやすい気がします」

続いて、柄については「細かい柄」がおすすめとのこと。

「大きい柄は横に目線が行くのと、立体感が出てしまうので、余計に体型が際立ってしまう可能性があります。そのため、ギンガムチェックやドットなどの細かい柄がおすすめです。こうした細かい柄を選ぶことで、目線が散らばるので」

ちなみに、やはりボーダーは避けたほうが良さそう。目線が横のラインに沿って動くので、横幅に目が行ってしまうのだとか。一方で、ストライプは効果的。ただし、こちらはピッチが細いと大きい体が際立ってしまうので、太めのピッチにすると良いそうだ。

トレンドは小物で取り入れる

去年は何が流行って、今年はこれが来る! なんて、トレンドは毎年変わって行く。そうしたトレンドは小物で取り入れると、モテスタイリングは完成。メガネ、靴、時計などの小物なら、体型にかかわらず取り入れられるから、始めやすい。

「女性の場合は、服をたくさん持っていれば持っているだけ良いのですが、男性物はそうはいきません。ですので、服はベーシックにして、トレンドのスパイスを加えながら小物を充実させると良いです。たとえば、ジャケットにポケットチーフを一枚プラスするだけでも印象は変わります」

体型が大きいと、ダボっとした服を選びがちだし、入るものが少なくいつも同じになってしまうことが多い。しかし、「自分にフィットしたサイズ」「清潔感」というポイントを押さえれば、いつものコーデがモテスタイリングに早変わり。ちょっとの意識改革で、周囲に与える印象は大きく変わるのだ。

Text by Haruki NUKUI(KOUMUTEN)