メディア個別 これがLEXUSの答えだ!──3列シートのレクサスRX | editeur エディトゥール

editeur

検索
第10回 | LEXUSの最新車デザイン・性能情報をお届け

これがLEXUSの答えだ!──3列シートのレクサスRX

SUVが人気を集める理由に、日常からアウトドアまで、カジュアルからフォーマルまでと、あらゆるシーンに活用できる使い勝手の良さがある。サルーンとワゴンの役割を両方こなすクルマはそれほど多くない。しかし、SUV にもひとつ欠点があった。それは多くの車種で「3列シートが選べない」ことだ。これに対するレクサスの答えが、『RX』のロングバージョン『RX450hL』である。

プレミアムSUVというジャンルの立役者、レクサス『RX』にロングバージョン登場

『RX』は1998年に初代モデル(日本名ハリアー)が発表されたレクサスの中核モデルだ。当時、SUVといえばトヨタ『ランドクルーザー』のような無骨なオフローダーが主流だったが、そんななか、乗用車感覚で乗れるスタイリッシュなSUVとして登場したのが『RX』である。

『RX』のデビュー以降、BMWやアウディといったドイツのライバルメーカーも『Xシリーズ』や『Qシリーズ』を投入して続いた。「プレミアムSUV」というジャンルを確立したのは、この『RX』といっても過言ではない。

現在販売されている『RX』は1998年の初代から数えて4代目にあたり、2015年に登場。きりりとした切れ長のヘッドランプ、立体的なスピンドルグリル、ダイナミックなプロポーションなどが特徴だ。弟分の『NX』、ヘビーデューティーな兄貴分『LX』とともに、レクサスのSUVラインナップの中心を担っている。

パワートレインは3.5L V6エンジン+モーターのハイブリッドと、2.0L 4気筒ガソリンターボの2種類。それぞれ2WDとAWDがあり、さらにスポーティな「F SPORT」とラグジュアリーな「version L」が設定されている。

ここへ新たに追加されたのが11月のLAオートショーでワールドプレミアされた『RX450hL』だ。

シアタースタイルに採用により、すべての乗員に快適性を与える『RX450hL』の室内

『RX450hL』は、従来の『RX450h』の全長を110mm伸ばして5000mmへと拡大して3列目シートを設置し、それにより7人乗り仕様のロングバージョンとしたものだ。

3列シート化にあたっては、1列目から3列目にかけて視点を高くする“シアタースタイル”の空間構成を採用。3列目専用のエアコンを備えるほか、分割可倒式の2列目・3列目シートにより、段差感の少ないフラットなフルラゲージモードなどの幅広いシートアレンジを可能としている。

3列シート化にあたって乗降性にも配慮した。2列目シートにはワンタッチで前に倒れる機構を採用し、乗り降りの利便性を高めている。なお、3列目シートは電動格納式。使用しないときはフラットなフロアにすることも可能だ。

力強く堂々としたエクステリアはキープコンセプト。ホイールは『RX450h version L』と同じ切削光輝タイプの20インチアルミホイールで、リヤにサテンメッキが施された専用リヤバンパーロアガーニッシュを装着した。『RX450hL』の後ろ姿を引き締めると同時に高級感を与えている。

価格は769万円、3列シートとなった『RX450hL』はプレミアムSUVの新たな選択肢

ロングバージョンとなる『RX450hL』は、3.5L V6エンジン+モーターのハイブリッドモデル(AWD仕様)の1タイプのみ。装備は5人乗りの上級グレード「version L」に準じ、シートは5色から選択できるセミアニリン本革で、セカンドシートにもシートヒーターが備わる。インテリアパネルは、シートのカラーによって3種類の木目かマットフィニッシュのバンブーが選択可能だ。

ボディカラーは全9色。価格は『RX450h version L』から65.4万円高となる769万円(税込み)である。

後からロングボディを追加したモデルのなかには、スタイリング面で難があるクルマも存在する。しかし、レクサス『RX』は、じつにうまくロング化されており、その弊害はまったく見られない。110mmの全長差によって、伸びやかな新たな魅力が備わったともいえる。

3列シート化によって、「プレミアムSUVの新しい選択肢」として注目されそうなロングバージョンの『RX』。販売はすでに2017年12月7日から始まっている。

Text by Muneyoshi Kitani

関連リンク
レクサス RX450hL

editeur

検索