20代女子に聞く!モテオヤジの条件/口説き上手な40男が熟知している女子の○○願望
- 【モテ技】女性がされたい40男のアプローチ法 -

口説き上手な40男が熟知している女子の○○願望

狙えば、確実に女性から「OK」を引き出す方法があるようだ。逆に、どんなに頑張っても「NG」しかもらえない男もいる。たとえ強気で素直じゃない女性でも、心のどこかではリードされたいと願っている。「壁ドン」が若い女性の間で大ブームなのも、“プチ征服されてる感”を味わいたいからだ。口説き上手な男性は、そのあたりの女ゴコロを熟知している。今回は、まんまと40男の罠に引っかかった美女が登場だ。

■今回のアドバイザー
 出版社勤務29歳・Tさん

ファッション雑誌を担当する美人編集者Tさん。好きな人にはあまのじゃくになってしまうのが悩み。素直になれないTさんを優しく受け止めてくれる大人な男性が理想。現在、婚活中。

年上男性に口説かれるのは嬉しい

Tさん「デート中に『あー今、私、口説かれてるなぁ』って思うことはあるけど、嬉しい時とスルーしちゃう時があります。セリフよりも、シチュエーションやタイミングが大きく関係しているんだと思いますね。ぜひ、年上の男性には軽いノリで口説いてほしい。告白じゃないんだし(笑)」

口説き文句は短く明確に!

Tさん「最近よくデートしている40代の男性がいます。その人は、誘い方が本当に上手! 気がついたら、いつも彼のペースにハマってます(笑)。最初は複数人で会っていたのに、『Tちゃんってワインが好きなんでしょう? 会社の近くで生ガキが食べれるワインバーがあるからふたりで行こうよ。断ったら会社の前で待っちゃうよ〜(笑)』っていきなりみんなの前で言われて、びっくり! この“ふたりで”っていいですよね、わかりやすい。

最後に可愛いことも言ってくれたので、口説き方としては完璧! 周りの友人に『口説いてんじゃね〜よ〜』とツッコまれても、『口説かない意味がわからない』って切り返すのもグッド! このスマートな流れにドキッとしてしまい、OKを出しましたね。ダラダラ長く語るより、目的をはっきりさせて短い時間で口説く方が効果的ですよ」

考えるスキを与えないのが勝ちにつながる

Tさん「3回目のデートの帰り、彼の家に行きました。すごく自然な流れだったんです。彼の行きつけの焼き鳥屋さんで食事をしていたら、『ワインがなくてごめんね。でも家に用意してるから一緒に飲み比べしようよ。チーズとか買えばいいのかなぁ』って。NOと言うスキを与えないんです(笑)。少し強引な誘い方がビンゴだった。彼の言う通り、チーズを買って彼の家に行きました。

やっぱり、“断られるのが怖いから誘わない”とか“これからどうする?”っていう態度はダメですよね。女性に“今夜の行方”を決めされるなら、口説かないでほしい! 彼のことを本気で好きかはまだわからないです。でも、確実にドキドキしてます。男性からのアプローチは、やっぱり嬉しいんですよ、女性って」

最後にアドバイザーからひと言

「女性に判断を委ねるくらいなら、口説かないでください」

Text by Yoko Takahashi