edt_okinawaijyuu
- 第二の人生はのんびり田舎暮らし、地方移住の始め方 -

【IT業界勤務者に朗報】沖縄が移住しやすくなっているワケ

労働力人口の減少を見こして、政府は働き方改革を推進している。今後ますます在宅勤務制度やリモートワークを容認する企業が増えていくことが予想されるが、そうすると、地方移住人気が高まりそうだ。

「これまで4回のフェスを開催していますが、多い時は100名を超える来場者がお見えになり、注目の高さを肌で感じています」

そう話すのは、沖縄IT移住フェス!事務局として運営を務めるガリレオスコープ株式会社の藤堂五紀さん。沖縄のIT移住をめぐる動向について詳しくお話を伺った。

■今回のアドバイザー
沖縄IT移住フェス事務局

沖縄にUIターンしたいITエンジニアと、沖縄県内のIT企業との出会いとマッチングの場を提供するイベント。2018年度は全5回を開催予定。第4回は2018年1月27日(土)に大阪北区・TKPガーデンシティ東梅田バンケット6Aで、第5回は2018年2月10日(土)に東京渋谷区・FORUM8で開催予定。

20年前からIT産業を推進したことも移住者増に寄与

沖縄への移住を検討する人にとって、もっとも気になるのは、現地の雇用状況だろう。というのも、沖縄県は離職率や失業率が高いという報道も目にする。「移住したものの仕事がない」では、生活もままならない。

しかし、IT業界の仕事に就きながら移住を検討する人は、過剰に心配する必要はなさそうだ。というのも、沖縄は観光立県であるとともに、IT立県でもある。

「沖縄県では観光産業に次ぐ新たな産業の開発と県内の情報通信産業の高度化を図るべく、1998年、マルチメディアアイランド構想(現・おきなわSmart Hub構想の前身)を策定。2002年から施行した沖縄振興計画においては、沖縄県情報通信産業振興計画を3次にわたり策定し、推進してきました」

そう話すのは、この取材の日、登壇していた沖縄県商工労働部情報産業振興課の高宮城邦子さん。沖縄県のIT誘致活動は、実に20年前から始まっているプロジェクトなのだ。

そうして始まった第1次計画では約1万2000人、第2次計画では約1万7800人、第3次計画では約3万3700人、それぞれ雇用が生まれ、誘致した企業は400社超。現在、売上高は4000億円を超えるまで成長しているというから、沖縄IT移住フェス!に注目が集まるのも頷ける。
この日も多くの企業が出展。PM、PG、SEなど、様々なIT職種の募集が行われた。

満員電車と花粉症がない!沖縄移住者が語る沖縄移住のメリット

では、実際に沖縄移住におけるメリットは…? 移住者はどのようなことを感じているのか。取材日行われた登壇では3名の移住者がそれぞれの移住理由や移住メリットについて語った。その内容は、納得するものもあれば、意外な物も。具体的には、以下の通り。

「沖縄に来てまず実感したのは、満員電車のストレスからの開放です。東京にいた時は、通勤時、満員電車から逃れることができない生活でしたが、沖縄に来てからは青いキレイな海を眺めながら自動車通勤になり、ストレスフリーな生活を送っています」

「花粉症がない点。本州では花粉の季節、自分のパフォーマンスが低下することがあったが、沖縄に住んでから花粉症の症状が出ることはなくなりました」

調べてみると、沖縄県にも花粉症の原因となる杉やヒノキは自生しているものの、その数は本州に比べると圧倒的に少ないこと。また、花粉の飛散には休眠に入った花芽が気温上昇とともに目覚め開花する“休眠打破”が必要となるが、1年を通して温暖な沖縄は休眠打破が起こりにくく花粉が飛散しにくいなど、その理由は諸説あるようだ。

また、家賃の低さを魅力として指摘する声も見逃せない。給与条件や待遇が都市部の求人に比べて悪くとも、毎月の固定費が安ければ自由なお金は増え、暮らしの質は高まりやすい。

間取りや物件の新しさ、設備などによって異なるため、一概には言えないが、参考までに全国賃貸管理ビジネス協会による調査「全国平均家賃による間取り別賃料の推移」(平成29年11月)を調べてみると、東京都は1部屋6万8211円、大阪府は5万4829円、愛知県は4万8141円となっており、全国平均は5万11円だが、沖縄県は4万1733円と、1部屋当たり約9000円程度おトク。全国的に見ると、沖縄県よりもさらに相場が安価な都道府県もあるものの、確かに都市部に比べれば圧倒的にリーズナブルといえよう。

今後ますます働き方改革が推進し、どこで働いても給与や待遇は変わらない時代になったら。その時現代人は、どんなところで働きたいと願うだろうか? 生きる楽しみや歓びが得やすく、ストレスフリーな環境で働きたい。そう考える人は、ますます増えていきそうだ。

Text by Daisuke Suzuki(KOUMUTEN)