171225 (4)
- 魅惑のボディで注目のスーパーモデル -

巨乳美女モデルのケイト・アプトンが選んだ豪腕投手

世界が注目する舞台で大仕事をやってのけ、スタンドで見守ったセクシーな美女から祝福のキスを受ける。こんなシーンを大観衆の前で演じたのは、メジャーリーグを代表する豪腕投手のジャスティン・バーランダー。そして、お相手の美女は、見事なバストで全米を虜にするケイト・アプトン。かねてより婚約中だった話題のふたりが、ついに結婚式を挙げた。

豪腕投手ジャスティン・バーランダーを復活させた“勝利の女神” ケイト・アプトン

MLB(メジャーリーグベースボール)に興味を持つ男性なら、全盛期のジャスティン・バーランダーのピッチングを目にしたことがあるはずだ。

かつてのバーランダーは、平均球速96マイル(約155km/h)を叩き出し、2011年にはア・リーグのサイ・ヤング賞とMVPをダブル受賞するなど、「MLB最高の速球投手」の名を欲しいままにした。しかし、自慢の速球は年齢を重ねるごとに球速が落ちていき、それに伴い成績も大きく下降。多くのファンは、その時点で「バーランダーは終わった」と考えたことだろう。

ところが、2016年シーズンにバーランダーは突如復活する。2年ぶりに開幕投手を務め、16勝9敗の好成績を収めると、4年ぶりに奪三振のタイトルも獲得。惜しくも2度目のサイ・ヤング賞の受賞は逃したが、投票では1位にわずか5ポイント及ばない2位に入った。

この投票結果に納得せず、サイ・ヤング賞の選考委員を罵倒して話題となったのがケイト・アプトンである。

ケイトは、はち切れそうなバストのカーヴィーボディで男たちを虜にする人気モデル。バーランダーとは2012年から交際し、スタンドで彼を熱烈に応援する姿がたびたび目撃されていた(下のリンクの動画は、試合中に言葉を交わすケイトとバーランダー)。2016年にはバーランダーから150万ドル(約1億6800万円!)の指輪を贈られて婚約もしている。

婚約者がMLB投手最高の栄誉を逃したのだから、ケイトが不満を持ったのも無理はない。つまり、バーランダー復活の陰には、このセクシーな勝利の女神の存在があったわけだ。
(C) Polaris/amanaimages

ワールドシリーズ制覇の瞬間、グラウンドでキスを交わしたケイトとバーランダー

それを本当の意味で証明したのが2017年のワールドシリーズだろう。

バーランダーは2017年、シーズン途中にデトロイト・タイガースからヒューストン・アストロズへと移籍。アストロズがポストシーズンに進出すると、リーグチャンピオンシップシリーズで4戦4勝と獅子奮迅の活躍を見せた。

ワールドシリーズ(WS)でも、ケイトが見守るなか、2試合でクオリティスタート(先発投手が6イニング以上を投げて自責点3以内に抑えること)を記録し、チームのWS制覇に大きく貢献。そして、彼と同じくらいこの瞬間を待ち望んでいたケイトは、喜びを爆発させ、バーランダーと熱いキスを交わしたのである。ふたりが抱き合って勝利を喜び合う姿は、全米のみならず、世界中のメディアで大きく報じられた。

ケイトとバーランダーがイタリア・トスカーナで結婚式を挙げたのは、その数日後のことだ。

セクシーで美しく、内助の功で男を支える。そのうえ勝利の女神でもあるだから、ケイトはまさしく“理想の妻”。こんな女性が自分のそばにもいてほしい。男なら誰でもそう願うに違いない。

Text by Seitaro Ramon

Photo by (C) ZUMA Press/amanaimages(main)