40代のアク抜きダイエットテク/40男に最適なのは「寝るだけダイエット」!?
- 初心者でも40でも大丈夫!ラク痩せダイエット -

40男に最適なのは「寝るだけダイエット」!?

年齢とともに気になり始める身体のたるみや体重の増加。分かってはいるけれど、忙しくてダイエットする暇もないという人も多いはずだ。そんな方に朗報なのが、普段の「睡眠」を工夫するだけで痩せていく、“寝るだけダイエット”なるもの。食事制限や運動なしで減量できるなんて、そんなおいしい話があるのだろうか? 肥満外来の専門医で、『ダイエット外来の寝るだけダイエット』著者、左藤桂子先生に詳細を聞いた。

■今回のアドバイザー
左藤桂子ヘルスプロモーション研究所 所長
よみせ通り診療所 左藤桂子さん

30年で3万人の肥満治療をした肥満外来の専門医。東京女子医科大学卒業後、氷川下セツルメント病院を始めとする病院勤務や研修を経て、2012年、よみせ通り診療所・所長に就任。近書に『ダイエット外来の寝るだけダイエット』がある。

なぜ寝るだけでダイエット効果があるのか?

左藤先生「“寝るだけダイエット”のカギは、睡眠中に分泌される『成長ホルモン』。睡眠は浅い眠りと深い眠りが交互に繰り返されますが、最も深い眠りは入眠後3時間程度のごく初期に得られ、成長ホルモンはこの時にもっとも分泌されます。この成長ホルモンには脂肪を燃焼する働きがあり、質の良い睡眠をとれば一晩で300キロカロリーを消費することできるのです」

肥満撃退の秘訣は、睡眠の「質」にあり!

左藤先生「“寝るだけダイエット”とはいえ、ただ長時間眠ればよいというわけではありません。先ほど説明した『成長ホルモン』が分泌される時間帯に、無防備に深く眠れること、つまり、『質の良い睡眠』をとることが大切なのです。

睡眠の質が良くないと、一晩の脂肪燃焼力は100キロカロリーまで落ちてしまいます。眠りの質が良い人と比べると実に200キロカロリー差。もし、ジョギングで200キロカロリーを消費するなら、4.5キロメートル以上走らなくてはいけません。“寝るだけダイエットがいかに効率的かわかりますよね」

ダイエットに役立つ『質の良い睡眠』とは?

左藤先生「睡眠と肥満の関係がわかったら、あとは『質の良い睡眠』を実践するのみ。まず、寝る前のブルーライトは良い睡眠の妨げになるので、寝る2~3時間前にはスマホやパソコンの画面は見ないようにしましょう。

また、眠る環境が清潔でなければ快適な睡眠をとることができません。なるべく、部屋の埃を掃除して空気を入れ替えるようにしてください。あとは、激しい運動やたっぷりの食事は控えて、暖かいお風呂に入るなど、寝る前はなるべく身体に負担をかけないようにするといいですよ」

最後にアドバイザーからひと言

「個人差はありますが、適切な睡眠時間は6時間~8時間が世界基準。睡眠不足は肥満の原因にもなるので、質と同時に睡眠時間を見直すと効果的です」

Text by Mai Matsubara (Seidansha)