20代女子に聞く!モテオヤジの条件/男が母性本能を刺激する究極の方法
- 【モテ技】女性がされたい40男のアプローチ法 -

男が母性本能を刺激する究極の方法

恋愛において女性の母性本能をくすぐる、というのは有効的な手段だ。それは、たとえ40代男性と20代女性という年の差があったとしても。若い女性は、男性が思う以上に深く大きな愛をもっているからだ。しかし、やり方を間違えると“可愛い”どころか“キモイ”と思われてしまう。言動だけではなく、可愛さアピールをして女性が萌えるシチュエーションについて美女に教えてもらった。

■今回のアドバイザー
テレアポアルバイト Yさん 27歳

テレアポのバイトをしながら、読者モデルやイベントガールとして活躍中のYさん。抜群のスタイルとキュートな見た目を武器に恋愛では攻めていく肉食系女子。好きなタイプは不器用な40代男性だとか。

Yさん「“恋愛で大切なのはギャップ”っていうじゃないですか。まさにそうだと思うんです。私は、しっかりしている40代男性がたまに見せる可愛い仕草にドキッとしちゃいます。わざとやるのではなく、自然に出るから可愛いんです。計算でやっても女子は見抜いちゃうので、注意してくださいね」

しっかりした大人の男性がムキになる姿が可愛い

Yさん「私の妹は23歳の会社員。1年前に同じ職場の上司で、44歳のバツイチ男性と結婚したんですね。姉妹で仲がいいので旦那さんと3人で遊ぶことが多いんですけど、その旦那さんが可愛いくて、私たちはもうメロメロですね。

先日、いつも通り彼がお店を予約してくれて3人で食事をすることになりました。そのお店は、シーフードを手づかみで食べるというスタイルの人気店。食べ方がちょっと難しかったのもあり、彼が『洋服にはねちゃうから俺が処理してあげる』って言ってくれて。私も妹も爪が長くてカニやエビの殻をむくのは大変だったから気を使ってくれたことに感動していました。それだけじゃなく、自分の洋服がベトベトになって、髪にまでソースが飛んでいるのに夢中で殻をむく作業をしてくれたことですね。全部剥けたところで得意げに『ほら、上手だろ?』って言うんです。もう、可愛すぎて爆笑ですよね。職場で厳しいタイプのクールな男性が、ムキになって女性のために一心不乱に作業している姿って絶対にプラスです」

母性本能を刺激するのは、言葉よりも言い方

Yさん「言葉で可愛さを伝えるのは女性でも難しい。でも40代男性なら若い女性に“可愛い”と思わせるのは簡単ですよ。実際に私は、母性本能をくすぐられてますから(笑)。
 
ここ最近で1番の可愛いと思った40代男性の言動は、“女子って会いたくなると震えちゃうもんなの?”ですね。これは、イベント会社の社長が飲み会で言った言葉なんですけど。西野カナちゃんの曲が店内で流れてきて、歌詞のフレーズを聴いて疑問に思ったみたい。分かったフリをせずに素直に聞いてきたこともポイントが高いし、恋愛に興味があるんだ、と思わせた点も意外性があって素敵です。

私は、おじさまからのメールだと“はーい”と“ただいま~”が好きです。会っている時はシャキっとしているのに、メールだと子供みたいに可愛らしい言い方をして、思わず笑顔になっちゃいます。基本的に、甘えられるよりも甘えたい女性が多いので、ストレートに甘えすぎると面倒がられると思うんです。でも、言い方が可愛いと母性本能をくすぐられちゃうんですよね」

最後にアドバイザーからのひと言

「40代男性は“言葉”よりも“可愛げのある言い方”で母性本能を刺激せよ」

Text by Yoko Takahashi