メディア個別 ベン・アフレック、またもやアルコール中毒の治療? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第101回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

ベン・アフレック、またもやアルコール中毒の治療?

ベン・アフレック(45)がまたもやアルコール中毒の治療に取り掛かっていると言われている。2001年に初めて治療を受け、今年になってから再度、治療プログラムを完了していたベンだが、離婚申請中のジェニファー・ガーナーとの3人の子供たちと恋人のリンゼイ・シューカスが最も大事な存在でありながらも、その病に再び向き合う必要を迫られていると複数の情報筋が明かした。

1人の関係者はUsウィークリー誌にこう話す。「ベンの最優先事項は変わっていません。子供たちに焦点を置き、リンゼイと時間を過ごすことです。この病気に向き合うことは今後の人生においてずっと取り組まなければならないことであり、焦点であることには変わりないのです」

ベンはここ数週間、ロサンゼルス内にある数ヶ所の治療施設で姿を目撃されており、色々な施設での治療を含め、様々なサポート体制を整えているところだと言われている。

そんなベンは今年、フェイスブックへの投稿で、中毒に対する助けを求めることは全く恥ではないとして、「僕は人生を謳歌し、出来るだけ最高の父親になりたいのです」「僕は自分の子供たちに助けが必要な時に助けを求めることは恥じることではないと分かって欲しいですし、助けが必要ながらも初めの1歩を踏み出すことを恐れている人にとって強さの源となって欲しいのです」と語っていた。

そして先月にも複数の関係者がベンにとってアルコール中毒は現在も続く問題ではあるものの、回復に向かっていると明かしていたところだった。

editeur

検索