171214 (6)
- 魅惑のボディで注目のスーパーモデル -

ステラ・マックスウェル──性の多様化を体現する美女

男は女を愛する。女は男を愛する。かつて当たり前とされてきた「性」は、もはや当たり前ではなくなった。こうした性の多様化は、ハリウッドやファッション業界においてより顕著に現れている。なかでもそのムーブメントをリードするのが、ヴィクシーエンジェルとして活躍するスーパーモデルのステラ・マックスウェルだ。

ステラ・マックスウェルとクリステン・スチュワートに「LBGT」のレッテルは野暮

サングラスをかけ、ラフなファッションに身を包んで堂々と街を闊歩するステラ・マックスウェル。ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルであり、世界で最も「ホット」の称号を得たトップモデルだ。

その傍で彼女としっかり手を繋ぎ、やはりサングラス姿で仲睦まじい様子で歩くのは、数々の有名俳優や監督と浮き名を流してきたハリウッド女優のクリステン・スチュワート。

この並んで歩いているだけで絵になる刺激的でセクシーなふたりは今、世界中でゴシップメディアの標的になっている。それは、彼女たちがセレブリティのレズビアンカップルだからだ。

しかし、ステラとクリステンに「LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)」というレッテルを貼るのは、野暮な行為である。少なくともそう感じるくらい、ふたりは極めて自然な交際を続けている。
(C) ZUMA Press/amanaimage

女性歌手マイリー・サイラスとの交際で世界中に注目されたステラ・マックスウェル

ステラ・マックスウェルは1990年ベルギー生まれの27歳。身長175cmの長身に引き締まったボディ、射抜くような瞳とクールな雰囲気を纏ったトップモデルとして、男女を問わず多くのファンに支持されている。

ステラは13歳になるまでベルギーで育つと、オーストラリアのキャンベラ、次にニュージランドへと移住し、そこでモデルとしてスカウトされた。モデル活動の開始とともに、アレキサンダー・マックイーンのキャンペーンモデルに起用され、ファッション誌『ヴォーグ(VOGUE)』の誌面を飾るなど、メジャーな仕事を次々に獲得していく。

飛躍のきっかけとなったのは、2014年のヴィクトリアズ・シークレットのショーだ。そのセクシーなスタイルとチャーミングな笑顔が多くの観客を魅了し、翌年にした選抜メンバーの“エンジェル”に抜擢される。この年、ステラはジェレミー・スコットのショーで待望のランウェイデビューも果たし、名実ともにトップモデルの仲間入りを果たした。

モデルとしての地位を確立すると同時に、意外な相手との交際が発覚する。交際相手は歌手のマイリー・サイラス。ふたりの関係は、時代の最先端をいく女性同士のカップルとして話題を集め、同時に男性ファンにも好意的に受け止められたようだ。ステラは伝統あるイギリスの男性誌『マクシム(MAXIM)』が毎年発表する「ホット100リスト 2016」で、見事1位に選ばれるのだ。
(C) PA Photos/amanaimage

ステラ・マックスウェルが体現する「多様化した性=セクシャルフルイディティ」

やがてステラはマイリー・サイラスと破局を迎えるが、16年暮れ、新たな交際が明らかになる。その相手こそ、女優のクリステン・スチュワートだ。

クリステンは9歳の頃から子役として活動し、02年公開の『パニック・ルーム』でジョディ・フォスターの娘役を演じて一躍注目を浴びた女優である。08年にはベストセラー小説を実写化した『トワイライト』シリーズの主演に抜擢され、世界中のティーンを中心に大ブレイクを果たした。

このシリーズの共演をきっかけに、クリステンは俳優のロバート・パティンソンと交際するが、映画の完結とともに破局。続けて12年に主演した『スノーホワイト』のルパート・サンダース監督との不倫騒動が持ち上がり、ほかにも数々のハリウッドセレブと噂になるなど、恋多き女優としてメディアを賑わせた。

そのなかには、自身のアシスタントを務めていた女性、フランスの人気女性シンガーソングライターSOKO(ソーコ)も含まれている。インタビューで自身のセクシャリティに関する質問を受けたクリステンは、レズビアンやバイセクシャルといった世間のレッテルを否定するかのように、こう強調した。

「どんな言葉もしっくりこない。私は他人のセクシャリティを定義することもしたくない」

この点はステラもまったく同じだ。彼女もレズビアンやバイセクシャルといったセクシャリティを公言していない。ステラとクリステンのふたりは、LGBTというセクシャルマイノリティの立場を軽々と飛び超え、形にはまらない多様化した性=「セクシャルフルイディティ」を体現しているかのようだ。

現在同棲中で、結婚についても話し合っているというステラとクリステン。彼女たちの生き方は、ごくナチュラルであるがゆえに、世界により大きな影響力を与え続けている。

Text by Kiyoshiro Somari

Photo by (C) ZUMA Press/amanaimages(main)