i-53
- Bang Showbiz -

ライアン・レイノルズ、映画版『名探偵ピカチュウ』にキャスト入り

ライアン・レイノルズがポケモン初の実写版となる映画『名探偵ピカチュウ』へ出演することになった。同人気ゲームを基にしたこの新作映画には、ほかにもジャスティス・スミスとキャスリン・ニュートンらの出演が予定されているとザ・ハリウッド・レポーターは報じている。

ライアンが演じる役については明かされていないものの、本作はジャスティス演じるティム・グッドマンがピカチュウと協力し、行方の分からなくなった父親を探すストーリーとなっている。

ゲーム版の中でピカチュウは、唯一意思疎通の出来るティムの協力の元、ポケモン関連の犯罪を解決していく姿が描かれている。

ヴァラエティ誌によれば、ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』でマデリンの娘役を演じたキャスリンがジャーナリスト役を演じるこの新作映画では、ロブ・レターマン監督が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を手がけたニコール・パールマンと『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』のアレックス・ハーシュによる脚本を基にメガホンを取るという。

今回の映画作に続き、「ポケモン」映画は今後シリーズ化される見込みとなっており、ポケモン社と長年提携している東宝が日本国内での配給を担当する予定になっている。

そんな新作への出演が決定したライアンは、主役を務める『デッドプール』第2弾の撮影を終えたところで、公開は来年を控えている。

一方でティムを演じるジャスティスはネットフリックスのミュージカルドラマ『ゲットダウン』でバズ・ラーマン監督に見いだされたのをきっかけに、『ジュラシック・ワールドII』でメインのキャラクターの1人を演じるなどスターダムを駆け上がっている。