メディア個別 イタリアの老舗ツールボックスブランド「Fami」日本初上陸 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第20回 | 住まいをもっと豊かにする家具家電

イタリアの老舗ツールボックスブランド「Fami」日本初上陸

見せて収納するのがカッコいい、イタリアのツールボックス「Fami(ファミ)」。90年近い歴史を持つブランドの製品が、いよいよ日本で販売開始された。

水の都・ヴェネチア生まれ。70年以上も変わらない形が魅力

イタリア北部に位置する、水の都「ヴェネチア」が州都のヴェネト州。ヴェネチア近郊で1929年に家族経営の小さな鉄工房としてスタートしたのが「Fami」だ。

もともとは工業用パーツを製造していたが、原材料の開発も手がけるようになり、より高品質な工業向けスチールコンテナの開発、製造を開始した。これらの製品が航空機メーカーや自動車メーカー、精密機械の工場で使われるようになり、飛躍的に事業が発展。現在はイタリアを始めとして、ドイツ、ポーランド、スイス、オーストリアなどのヨーロッパ、さらにはアルゼンチンや中国にも工場を持つ業界大手に成長、さらにスチールだけでなくプラスティック製品なども手がけるようになった。

原材料の加工から製造、仕上げまでを一貫して行う長い歴史を持つ同社で、70年以上も変わらないデザインのストレージが「スチールコンテナ」だ。業務用として開発されたため、ハードな環境での使用でも壊れにくく、耐久性がある。その無骨なデザインが今「見せる収納」として人気を集めている。

敢えて見せる、質実剛健で飾らない収納ボックスシリーズ

スチールコンテナは4種類、カラーは2色展開する。

コンテナボックスの一番小さいのがW20×D30×H14.5cmの8.7Lサイズ(下の写真)だ。素材はスチールで、粉体塗装で仕上げたグリーン(3,800円)と、亜鉛メッキ加工されたガルヴァナイズ(4,900円)があり、スタッキングが可能だ。サイズは4種類用意されている。

続いてはスチールコンテナW30×D50×H20cmの28Lサイズ(下の写真)。こちらもスチール製で粉体塗装仕上げのグリーン(6,000円)と、亜鉛メッキ加工のガルヴァナイズ(7,500円)がある。こちらは前面が空いており、スタッキングしたまま中へ入れたものを取り出せるようになっている。

そしてスチールコンテナで一番大きなものが、W45×D52×H30cmの63Lサイズだ(社他の写真)。こちらは亜鉛メッキ加工のガルヴァナイズ(17,000円)のみで、脚つき(W45×D52×H39cm、19,800円)もラインナップされている。

スチールコンテナの特徴は、ハンドルが90度で固定される機構だ。これによってハンドルが寝てしまうことなく、安定して重いものを運ぶことができる。またスタッキングの安定性が抜群なので、重い物を入れてもグラついたりすることがない。さらに亜鉛メッキ加工のものは耐腐食性を高めているので、錆びにも強い特徴がある。

質実剛健で飾らない、機能美溢れる無骨なデザインは、Famiの「METALSYSTEM」や「スチールラック」と相性抜群。たっぷりと収納することができる。ガレージ、ガーデニング、キッチン、ショップなど、敢えて見せる収納で、理想のストレージを構築しよう。

Text by Tamotsu Narita

関連リンク

editeur

検索