BMW C400X逕サ蜒・1_R(2)
- スーパーカーブランド【BMW】 -

BMW C400X──これぞ愉しく快適な新しいスクーター

かねてより噂のあったBMWモトラッドの『C400X』がEICMA(ミラノモーターサイクルショー)でお披露目された。先に発売されている『C600』『C650』とはまた違った、都市部を愉しく走るための快適装備が満載されているミドルスクーターだ。単なる移動手段としてだけではない、「新しいスクーターの乗り方」を提案するモデルといえるかもしれない。

新型ミドルスクーター『C400X』は、普通二輪免許でも乗ることができる初のBMW

「Cシリーズ」は、BMWモトラッドのスクーターファミリーに位置付けられている。ラインナップは、マキシスクーターの『C650スポーツ』『C650GT』、そして電動スクーターの『Cエボリューション』。特に『C650スポーツ』と『C650GT』は、都市型モビリティとして新しいカテゴリを確立したモデルだ。

ここへ新たに加わったのが、『C650スポーツ』『C650GT』をさらに進化させ、中型スクーターセグメントのプレミアムモデルとして登場した『C400X』である。

エンジンは350ccのSOHC4バルブ単気筒で、最高出力は25kw(34hp)/7500rpm。駆動はCVT(コンティニューアスリー・バリアブル・トランスミッション=無段変速機)を採用。アンダー400ccなので、日本では「普通二輪免許で乗れるBMW初のスクーター」ということになる。

驚くのは、ASC(オートマチック・スタビリティ・コントロール=空転制御)とABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を標準装備すること。このクラスのスクーターとしてはなんとも贅沢な仕様だ。

リアサスペンションはいわゆるユニットスイング式だが、新開発のベアリングの採用によってねじれ剛性と振動の軽減に成功している。

純正のシステムヘルメットと連動させれば、タンデムで走行しながらの会話も可能

『C650スポーツ』『C650GT』との違いは、『C400X』が目的地に素早く移動することではなく、快適かつ愉しく移動することをコンセプトとしている点だ。

なかでも注目すべきは、多機能計器クラスタと呼ばれるメーターパネルである。6.5インチのTFTスクリーンには車体速度やエンジン回転数といった情報はもちろん、トリップ、水温・燃料の残量、バッテリー電圧、また、設定によって走行環境、ナビゲーション、メディア、電話の使用(スマートフォンとの連動)が選べる。

さらに、BMW純正のシステムヘルメットと連動させればナビゲーションの音声が流れ、MP3メディアを通じて音楽も愉しめる。パッセンジャーと2人でシステムヘルメットを装着すれば、走りながらの会話も可能だろう。

BMWが公開している『C400X』の動画には、シート下のラゲッジスペースがリアタイヤ側にパカッと広がる様子が出てくる。なるほど、停車時のフェンダー下のスペースは通常空いたままだが、そこを利用するアイディアには関心するばかりだ。

BMW『C400X』の価格は90万円前後になる? 日本での発売は2018年春ごろと予想

スタイリングは現行のCファミリーを踏襲しており、近年のヨーロッパで主流となっている直線的ラインが取り入れられている。正面から見ると特徴的なカットのLEDヘッドライトは、ほかのメーカーのモデルとはっきりと区別でき、BMWとしての存在を主張する部分だ。

全長2200mm、全幅835mmのボディは、ミドルスクーターとしてはコンパクトな部類に入るだろう。特に775mmのシート高は、欧州仕様のままでも体格の小さい日本人ライダーにマッチしそうだ。車重は204kg、燃料タンク容量は12.8Lとなっており、航続距離も期待できる。
カラーは「アルパインホワイト」「メタリックブルー」の2色だが、イメージカラーは後者のブルーだ。価格はまだ欧州でも発表されていないが、大方の予想では90万円前後になると見られる。発売時期は未定。おそらく、日本導入は2018年の春ごろになるのではないだろうか。

Text by Koji Okamura

【お詫びと訂正】…当初の記事では<日本では「普通二輪免許で乗れる初のBMW」>と記述していましたが、正しくは<日本では「普通二輪免許で乗れるBMW初のスクーター」>の誤りでした。お詫びのうえ、訂正いたします。