VW繧「繝ォ繝・が繝ウ逕サ蜒・1_R(2)
- スーパーカーブランド【フォルクスワーゲン】 -

VWアルテオン──“全部入り”のフラッグシップカー

『アルテオン』はフォルクスワーゲンのフラッグシップモデルだ。2016年末にデザインスケッチが公開され、2017年4月のジュネーブモーターショーでアンベールされた。先日開催された東京モーターショーでも展示されていたので、足を運んだクルマ好きの諸兄なら実車を目にしているかもしれない。すでに日本でも発売が開始されたので、その詳細を見てみよう。

セダンの快適性、ワゴンの機能性、クーペのスタイリッシュさを持つ『アルテオン』

『アルテオン』は『パサートCC』の後継車種ともいわれているが、実質的にはそれを上回る、VW史上最上級に位置するフラッグシップだろう。リリースや公式サイトにある「フォルクスワーゲンの魅力が凝縮された一台」という文言からもその自信がみてとれる。いわく「セダンの快適性、ステーションワゴンの機能性、クーペのスタイリッシュさを兼ね備えている」という。

車種としてはグランドツーリングカーにあたる。グレードは「R-Line 4MOTION」と「R-Line 4MOTION Advance」。どちらもVW のインハウスチューニングメーカーであるR GmbH社が手がけた「R-Line」で、スポーティーさが売りのひとつだ。

スポーティーさは、流麗でクーペのようなプロポーションにも見てとれる。サイドビューは、ボンネットラインからテールランプまで続くキャラクターラインがより低く構える印象を与える。リヤに向けて下がっていくラインが視覚的に全高を抑える効果を生み出し、同時にショルダー部分の力強さを強調しているのだ。

フロントフェイスは、スポーツカーとサルーンを融合した、グランドツーリングカーらしさに溢れる。これからのVWセダンデザインの方向性を読み解くヒントにもなるだろう。

クラストップレベルのレッグルームと快適性を実現した『アルテオン』の室内空間

ボディサイズは全長4865×全幅1875×全高1435mmと『パサート』よりもひと回り大きい。さらに、ホイールベースに2835mmの長さを確保するとともに、新しいプラットフォームであるMQB (モジュラー・トランスバース・マトリックス)を採用することで、広大な室内空間を確保した。

特にリヤシートはクラストップレベルのレッグルームと、長いルーフがもたらす頭上空間により、ワンランク上の快適性を実現している。ちなみに、ラゲッジスペースは563〜1557Lと、ステーションワゴンにも引けを取らない積載能力だ。

インテリアは、フラッグシップに相応しい上質さと「R-Line」のスポーティーさが両立。シートトリムにはナパレザーを採用し、本アルミを用いたデコラティブパネルやピアノブラックのセンターパネルなどが相まって、高級感を醸し出す。また、ブラック基調の「R-Line」デザインを採用することで、スポーティーなエッセンスも散りばめられた(下の写真は本国仕様の左ハンドル)。

最高出力280ps、フラッグシップにふさわしい「余裕のある走り」の『アルテオン』

心臓部は、最高出力280ps、最大トルク350Nmを発揮する2.0 TSI エンジン。トランスミッションには『ゴルフR』に初めて搭載された湿式7速DSG(ダイレクトシフトギアボックス)を採用。エンジンパワーをダイレクトに伝達し、滑らかな加速を促してくれる。

足回りには、状況に合わせて前後輪の駆動方式を変化させる4WDシステムの「4MOTION」を採用した。ダンパーには、サスペンションは減衰力を瞬時にコントロールするDCC。シフトプログラム、エアコンディショナー、 電動パワーステアリングなどの機能の設定を最適化させることで、好みのドライビングスタイルが得られる。「エコ」「コンフォート」「ノーマル」「スポーツ」「カスタム」の各モードから、タッチひとつでシーンに合わせた選択が可能だ。

VWが持つ先端技術を満載する『アルテオン』、まるでテクノロジーのショーケース

忘れてはいけないのが、数々の先進安全技術を搭載したことだ。VWはそれを例えて「テクノロジーショーケース」と呼んでいるほどである。

事故が起きる可能性を予測し、早い段階で乗員保護機能の作動に備える「プロアクティブ・オキュパント・プロテクション」には、後方からの衝突予測機能が追加された。また、昼間もヘッドライトを点灯する「デイタイムランニグライト」を日本のVWモデルでは初めて搭載される。

さらに、万が一の事故の際に歩行者への衝撃を緩和する「アクティブボンネット」も採用され、フラッグシップモデルに相応しい安全性を有している。

運転支援機能では自動運転を見据えて、渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」や駐車支援システム「パークアシスト」 が採用された。

まさに、全部入りといった様相の『アルテオン』。その分、価格は「R-Line 4MOTION」が549万円、「R-Line 4MOTION Advance」は549万円と、VWのなかでは高額となっている。あの『ゴルフ』を送り出す販売台数世界一のメーカーが自信をもって市場に投入したフラッグシップだけに、その期待度は高いだろう。

Text by Tsukasa Sasabayashi