スピニング_R(2)
- 注目のジムプログラム&アクティビティ -

みんなで漕いで持久力アップ! 全米で支持される「スピニング」の魅力とは

ジムで体験・実践できるプログラムの中で最近トレンドとなっているのが、個人向けだったトレーニングをみんなで一緒に楽しむジャンル。なかでも、注目されているのが音楽や映像にあわせみんなでエアロバイクをこぐプログラム『SPINNING(R)(以下、スピニング)』だ。モチベーションを保ちながら、持久力アップや心肺機能向上ができるという。詳しい話をフィットネストレーナーに聞いた。

■今回のアドバイザー
全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会 認定パーソナル フィットネス トレーナー
伊藤倫太郎さん

株式会社ティップネス商品部に所属。ティップ.クロス TOKYO 渋谷にて、同店一押しのバイクエクササイズプログラム『SPINNING(R)』を導入期より6年間担当。

持久力アップや心肺機能の向上にも。みんなで楽しみながら鍛える「スピニング」

現在、海外セレブの間でも流行しているというスピニング。いったいどのようなプログラムなのだろう?

伊藤さん「『スピニング』は、全米で大ブームを巻き起こしたインドア・バイクエクササイズです。巨大スクリーンによる映像や音響などで五感を刺激しながらみんなで一緒にプログラムをこなしていくため、ひとりで黙々とペダルを漕ぐよりも飽きにくく、楽しく続けられる点が特徴。脚の大きな筋肉を使うことで消費カロリーも大きくなるため、脂肪を燃焼しやすいのも魅力となっています。また、持久力や心肺機能を強化したい人にもおすすめの有酸素運動といえるでしょう」

目的別に豊富なコースが用意されている点が大きな特徴。心拍数を制御する力もつく

エアロバイクはジムの定番だが、ひとりでペダルを漕ぐ運動とスピニングでは何が違うのだろうか。

伊藤さん「通常のエアロバイクとの大きな違いは、運動強度に合わせていくつかのプログラムが用意されている点です。たとえば、程よいペースを維持しつつ脂肪を燃焼させるコース、斜行を上げて上り坂に挑戦することで筋力と心配血液循環を発達させるコース、高負荷と休息を繰り返して回復機能を向上させる目的のコース、などがあります。プログラムによって音楽や映像が違うので、それぞれの世界観を楽しみながら、自分の目的にあったコースを選択することができるんです。

また、スピニングの良さは、バイクエクササイズをしながら自分で心拍数をコントロールする力が身につけられるということ。スピニングでは、バイクを漕ぎながらモニタなどを通してリアルタイムで自分の心拍数を知ることができます。目標心拍数に近づくように、漕ぐスピードなどを調節することで、自分の心臓と対話しているかのような新鮮な気持ちを味わえます」

最初は低強度のコースから始めるのがオススメ。無理せずレベルをあげていこう

エキサイティングかつハードなスピニング、初心者が始めるにあたっての注意点とは?

伊藤さん「初めてスピニングを体験する場合は、強度の低いクラスからの参加をオススメしています。たとえ心拍数がそこまで上がっていなくても、自身が感じる強度と心拍数が連動しているわけではありません。自分の体感も大切にしつつ、程よいペースでレベルアップしていくことが継続のコツです」

最後にアドバイザーからひと言

「バイクエクササイズは、自転車を漕ぐという動作が基本になっているため、運動初心者にとってもストレスなく始められます」

Text by Mai Matsubara(Seidansha)