メディア個別 ゲーム感覚で全身を鍛える! 話題の「VRフィットネス」とは? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第6回 | 注目のジムプログラム&アクティビティ

ゲーム感覚で全身を鍛える! 話題の「VRフィットネス」とは?

様々な分野で実用化が進んでいるVR(仮想現実)技術。トレーニングの分野でも積極的に取り入れられており、フィットネスとVRを融合させたエクササイズマシンを導入するジムも増えているという。VRを使ったフィットネスには、どのようなメリットがあるのか。専門家に聞いた。

■今回のアドバイザー
パーソナルトレーナー
宮島秀平さん

カナダの大学でウエイトトレーニングと栄養学を学び、帰国後はパーソナルトレーニングジムに勤務。新人の教育、マネージメントを経験。現在は東京・六本木のフィットネスジム「THE BODY RIDE」に勤務。

空中飛行やSFの世界観を味わえるVRを使ったフィットネスマシン

そもそも「VRフィットネスマシン」とはどのように使うものなのだろうか?

宮島さん「人気のVRフィットネスマシン『ICAROS(イカロス)』を例に説明しましょう。このマシンの使い方は簡単で、まずは歯医者の診察台のような機材の上にうつ伏せで寝そべり、手には操縦桿を握ってハングライダーのような体勢になります。VR専用ゴーグルを付けると、そこには空の景色が広がり、浮遊しながら山の上や洞窟の中を飛び進みます。途中、UFOが襲ってくるので、シューティングゲームのように撃ち落として遊ぶこともできるマシンです」

全身運動でカラダの歪みを修正し、体幹や反射神経、集中力アップも

説明だけ聞くと、まるでゲームのような「ICAROS」だが、もちろんちゃんとしたトレーニングマシン。全身を鍛えることができるほか、体幹や反射神経のトレーニングにもなるという。

宮島さん「運動に慣れていない方でもゲーム感覚でできるイカロスですが、実はかなりの全身運動なんです。両手両足だけでカラダを支え、前後左右の移動は重心であるお尻を動かして操作します。この動きをすると、首回り、肩、腹筋、側筋、太もも、ふくらはぎなどの筋肉をまんべんなく使うことができ、普段気付かないカラダの歪みを修正することもできるはずです。また、バランス感覚(体幹)や反射神経のトレーニングにも最適ですし、集中力を高める訓練にもなるでしょう」

VRフィットネスマシンを使いこなすポイントは正しく「立つ」姿勢

ゲーム感覚で効果的なトレーニングができる「ICAROS」。特殊なトレーニングマシンだけに、利用上の注意点もある。

宮島さん「『ICAROS(イカロス)』を利用するにあたっては、正しい姿勢維持のために両方の肩甲骨を内側に寄せ、骨盤を前傾させる姿勢(腰が反った状態)が必要になります。この姿勢をとるポイントとしては、寝そべった状態のまま、背筋を伸ばして立っている状態をイメージすることです。また、『ICAROS(イカロス)』はインストラクターの指導のもと行います。心臓の悪い方や体調が優れない方は、ご利用を避けてください」

最後にアドバイザーからひと言

「童心に戻って楽しみながら、オトナなカラダに磨きをかけてください」

Text by Mitsuo Okada(Seidansha)

取材協力
THE BODY RIDE

editeur

検索