eyecatch
- NOMOOO powered by éditeur -

話題の肉専門店「肉のヒマラヤ」の新業態が東京・赤坂にオープン!クラウドファンディングで会員募集中

東京・渋谷の近年テレビやウェブで話題の肉専門店「肉のヒマラヤ焚火家(タキビヤ)」の新業態「肉のヒマラヤ Teppan」が、2017年12月4日(月)東京・赤坂にオープンします。オープンに伴い、クラウドファンディングサービス「Makauke」にてプロジェクトを開始しました。

「肉のヒマラヤ Teppan」とは?


同店は、「肉のヒマラヤ 焚火家」を鉄板焼きに特化させた新業態。「肉のヒマラヤ焚火家」のお客様から多数よせられた「おかわりがしたい」「ずっと食べ続けていたい!」というご要望を実現するため、今回のオープンが決定したそうです。
 

同店では、オーストラリアの「葡萄(ぶどう)牛」の入手困難な部位「ランイチ」を、豪快に”塊肉”のまま炙ってからローストビーフ状にカットした大人気メニュー「肉のヒマラヤ」を含む、全メニューが120分食べ放題。更に鉄板焼きならではの”珍しい”アラカルトメニューとして、「鮑(アワビ)の踊り焼き」 「ダチョウの目玉焼き」なども楽しめるそうです。
 

また、全国各地のまだ表に出ていない個性的な日本酒を取り扱っている「KURAND(クランド)」監修のもと、肉に合う日本酒「29(ニク)」など肉にぴったりな日本酒を取り揃えるとのこと。
 
同店のオープンに伴い実施中の「Makuake」プロジェクトでは、「肉のヒマラヤ」を含む飲み放題付きコースが、半永久的に割引価格で楽しめる超お得「VIP会員」をMakuake限定で募集すしています。日本酒と肉の究極のマリアージュを体験したい方は要チェックです。
 
プロジェクトページはコチラ
 
お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。