edt_otonanokakurega171201_01
- 男の隠れ家 powered by éditeur -

【男の隠れ家】やっぱりいいよね!みんなのクラシックカー拝見

誰もがこの心温まるフォルムに笑みを投げかける。それは少年の頃に目にしたことのあるクルマが長い時を経てなお生き残り、今ここにあるということが懐かしさと同時に感動すら覚えてしまうからなのだろう。そこに見え隠れする、あの頃の自分や時代の輝き。そして今だからこそ目に映る「新鮮」さ。古きものの中に見える、時代にぶれることのない「新しさ」がとても心地良い。

「約12年前にオークションで見つけた!」
K.Yさん(自営業・50歳) MG ミジェット [ 1967/イギリス  ]

MG Midget 1967
製造開始年/1961年
排気量/1275cc
エンジン/直列4気筒

自らメンテナンスを施した愛車「MG ミジェット」、K.Yさん(左)と友人。メッキパーツを取り外して、再メッキをお願いしたり、腐食したルームミラーは100均の鏡を布ヤスリで縁を削りながら形を整えたりと、手間暇をかけて復活させた。
クラシックカーラリーに足を踏み入れた時の車がこのMGだったとYさん。ネットオークションで購入したが、走るとゴロゴロ、グオーングオーンと凄い音がする。知人のメカニックに相談しながら、1/1のプラモデル感覚でいじり始めた。自分でハブベアリング交換をしたりしながら、なんとか走れる状態にした。「当時小学3年生だった息子をナビに仕立て上げてラリーイベントに参戦しました。それ以来、走る楽しさや、イベントで出会った友人たちとの語らいなどにすっかりはまって現在に至ります」と話す。
財布の軽い若者向けの車だったが、50年経った今も軽快な走りが楽しめる。
イギリスのBMCがMGというブランドで販売

「ポルシェ好きが高じて手に入れた愛車」
佐々木邦彦さん ポルシェ 356スピードスター [ 1955/ドイツ]

Porsche 356 Speedster
製造開始年/1948年
排気量/1500cc
エンジン/直列4気筒

写真のポルシェ・スピードスターは優美なボディラインが魅力。ラリーで何回もトラブルを経験したが、それもまた良い思い出になっている。このほかポルシェ・356カレラ、イギリスのトライアンフ・TR3などのクラシックカーを所有している。
小型スポーツカーの代名詞といえるポルシェ。もともとポルシェを3台所有していた佐々木さんは、2年前にこの車を購入した。「止まらない、曲がらない(笑)とクラシックカーならではの苦労もありますが、今の車では味わえない楽しさもあります。ラリーレースが近づくと乗って動かすんです」。山梨の別荘までドライブがてら乗ることも多いという佐々木さん。そして、もうひとつの愛車「356カレラ」はレース用に作られたエンジンを積んだ珍しい車だと楽しそうに話す。そんな姿にポルシェ愛がにじみ出ている。
暑い時、寒い時は車に負担をかけないように交互に乗車している
「356」はポルシェ社内の開発コードが由来

「念願だったジュリエッタはデザインが魅力」
水島啓一さん(自営業・52歳) アルファロメオ ジュリエッタ スパイダー [ 1962/イタリア]

Alfa Romeo Giulietta Spider
製造開始年/1962年
排気量/1300cc
エンジン/直列4気筒

鮮やかなレッドが印象的なジュリエッタ スパイダー。エンジンはアルファロメオらしくアルミ合金製約1300ccのDOHC(ダブル・オーバーヘッド・カムシャフト)を搭載。ジュリエッタ系はその後、ジュリア系に発展して1965年まで生産された
もともとアバルトに乗っていた水島さんだが、もう少しパワーのあるイタリア車が欲しいと念願のアルファロメオ・ジュリエッタを購入した。この車は第二次世界大戦後に量産車メーカーとなったアルファロメオが開発し、大人気となったスポーツカーだ。「やはりイタリア車のデザインが良いですね。この車はカロッツェリア・ピニンファリーナが車体製造を担当しています。エレガントだけれど乗るとやんちゃなところもあって。この排気量の中でどこまで走れるかを楽しんでいます」と水嶋さんは話してくれた。
娘さんと一緒に愛車に乗り込んで記念撮影
乗り心地は決して良いとはいえないが、その分運転する楽しみも大きい

「バラバラの部品を自分で組み立てました」
NANAさん(整備士・46歳) フィアット500R [ 1970/イタリア ]

FIAT500R
製造開始年/1936年
排気量/594cc
エンジン/直列2気筒

とにかくチンクェチェント(フィアット500)LOVEだと語るNANAさん。この車でイベントに参加したり、ドライブを楽しんだりしている。またルパン3世の愛車と同じくボディを赤色からクリーム色に塗り直すなどのアレンジも加えている
5年前にバラバラの状態で購入して自分で組み立てたという整備士のNANAさん。映画『ルパン3世 カリオストロの城』に登場したフィアット500Rを見て一目惚れをしたという。「この車は2台目なんです。1台目は結婚した際に手放したのですが、もう一度欲しくなったんです」と話す。自分でデザインしたドアパネル、赤色に張り替えた内装など世界にひとつだけの車にした。「走行中にコンデンサーが壊れて夜中にひとりで押して歩いたこともありました。でも走っていると皆が見てくれるのは嬉しいですね」。
愛車は2代目のNUOVA500。イタリア語で500を意味するチンクェチェントの愛称で知られる
部品を自分で組み立てた