繝懊Ν繝弭C40逕サ蜒・1_R(2)
- スーパーカーブランド【ボルボ】 -

ボルボXC40──北欧デザインのお洒落コンパクトSUV

2016年に日本デビューを果たした『XC90』を皮切りに、『S90』『V90』『V90クロスカントリー』と、ニューモデルラッシュが続くボルボ。しかし、そのラインナップには世界的にニーズが増しているプレミアムコンパクトSUVが欠けていたのも確か。2017年9月にミラノで発表された『XC40』は、その激戦区にボルボが投入する初のコンパクトSUVだ。北欧テイストの大胆なデザイン、さらに快適性、安全性と、三拍子が揃ったお洒落SUVの登場である。

ミラノのファッションウィークで発表されたボルボ初のプレミアムコンパクトSUV

ボルボの「四角くて、真面目でつまらないクルマ」というイメージはすでに過去のものだ。近年のボルボは、デザインでも走りの面でも先鋭的かつハイクオリティで、フラッグシップSUVの『XC90』を発表してからはプレミアム感の追求にも余念がない。

伸びやかなスタイリングは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディの“ジャーマン3”と並べても劣らない高級感を放ち、スカンジナビアンテイストの内装は、高級北欧家具でコーディネートされたエグゼクティブの部屋のようでもある。

今回投入された『XC40』は、『XC90』『XC60』からなるボルボのSUVシリーズのボトムエンドを担うコンパクトSUVだ。ワールドプレミアの舞台となったのは、ファッションウィーク期間中のミラノの特設会場。街には「スウェーデンで作られ、ミラノでお披露目する」と書かれたビルボードが掲げられた。

この力の入ったワールドプレミアでもわかるように、『XC40』は世界的に人気を集めるコンパクトSUV市場にボルボが初めて投入するモデルだ。同時に、明らかに従来のターゲットよりもユーザー層を若めに設定した(と思われる)モデルでもある。

『XC90』『XC60』よりポップで大胆なデザインを採用した『XC40』のスタイリング

スタイリングは、エレガントさが強調されていた『XC90』『XC60』と比べ、よりスポーティでカジュアル、ポップで大胆になっている。

まず目につくのは、ルーフがホワイトやブラックにペイントされていること。ボルボがコントラストルーフを採用するのはおそらくこれが初めてだ。また、フロント部分、ボンネット、ボディ側面など、いたるところに入っているキャラクターライン(折れ線)も、大胆なスタイリングをより際立たせている。

すでに発売が開始されている欧州のWebサイトを見ると、『XC90』や『XC60』には採用されていない「アマゾンブルー」のボディカラーがラインナップされていた。このカラーは、1950年代後半から1970年まで生産されたボルボの名車『120』(アマゾン)に使用されたカラーのオマージュだが、『XC40』のポップな印象を際立たせる色である。

ただし、ボディの基本構成や質感は『XC90』『XC60』を継承している。北欧神話に出てくる「トール・ハンマー」をモチーフとしたT字ヘッドライト、上部まで伸びるリアコンビネーションランプの意匠は新世代ボルボに共通するアイコンだ。ノーズの厚み、前後タイヤの位置関係も上級モデルと変わらない。

ボディサイズは全長4425 mm×全幅1863 mm×全高1652 mm。このサイズを考えると、ライバルとなるのはBMW『X1』、アウディ『Q3』、メルセデス・ベンツ『GLA』、そして『MINIクロスオーバー』あたりになるだろう。

スイッチの数を最小限にし、部屋のような快適性を実現した『XC40』のインテリア

航空機を参考にしたというインテリアは、ボルボらしく、上質で快適な空間となっている。

センターに配置された大型のインフォテイメント用のタッチスクリーンに操作を集約し、スイッチの数を最小限にするのは『XC90』と同じ思想。これもボルボのインテリアが「部屋」を思い起こさせる要因のひとつだ。スイッチの少なさやタッチスクリーンへの情報の集約は、よりインフォメイションテクノロジーを重視する世代へのアピールともなるに違いない。

そして、コンパクトSUVながら十分な広さを持つ後席、深さと幅のあるドアポケット、容量460Lと広いラゲッジルームにも機能性の高さが現れている。

現時点で発表されている『XC40』のグレードは、カジュアルな「Momentum(モーメンタム)」とよりデザインに凝った「R-Desgin(Rデザイン)」の2タイプ。エクステリアでは、グリルのデザインやカラー、ホイールサイズが異なるほか、ルーフカラーも「モーメンタム」はボディ同色かホワイト、「Rデザイン」ではブラックとなる

インテリアは、「モーメンタム」がチャコール(黒)、アンバー、ブロンド(アイボリー)、レッドの4色のレザー。「Rデザイン」はチャコールのレザー、またはヌバック/ファインナッパレザーが設定される。「Rデザイン」はインテリアパネルの素材にドット柄のアルミニウムも用いられ、カーペットをレッドにすることも可能だ。

ボルボ『XC40』が日本に上陸するのは2018年の夏前ごろ、価格は400万円から?

パワートレインは、発売当初はガソリンの「T5」とディーゼルの「D4」の2種類からスタート。ともに4気筒2.0Lターボで、8速ATが組み合わされる。駆動方式はAWD(四輪駆動)だ。

ただし、すでにボルボは「2019年以降に発売されるすべてのボルボ車にエレクトリックモーターを搭載する」と発表している。発売後には、新型3気筒のプラグインハイブリッドなどが投入されることが予想される。

ボルボらしい先進的な安全機能も万全だ。安全装備で上級モデルと差をつけないのもボルボの流儀。『XC40』は、部分自動運転機能の「パイロットアシスト」や道路逸脱回避をサポートする「ランオフロードミティゲーション」など、10以上の安全装備を搭載する。
ドアロックをはじめ、スマートフォンで様々な操作ができる「ボルボ・オン・コール」は、若いユーザーの取り込みを狙う『XC』ならではの新機能だ。

日本への上陸時期は2018年の夏前とのこと。北米ではスターティング価格が3万5200ドルとされていることから、おそらく日本での価格は「400万円〜」となるだろう。新世代モデルを続々と発表するボルボが満を持して投入するコンパクトSUV。日本に上陸したら「お洒落な人の新たな選択肢」として注目を集めるに違いない。

Text by Muneyoshi Kitani