feelcycle_R(2)
- 注目のジムプログラム&アクティビティ -

45分間で800カロリー消費! クラブとフィットネスバイクを融合した「FEELCYCLE」

暗闇の中で大音量のアップテンポな音楽をかけながら、フィットネスバイクでエクササイズをする、ニューヨーク発祥の新プログラム「FEELCYCLE」。楽しみながら多くのカロリーを消費できる点が魅力という。関係者に詳しい話を聞いた。

■今回のアドバイザー
株式会社ベンチャーバンク経営企画室
PR戦略グループマネージャー
下渡恵子さん

慶應義塾大学卒業後、上場企業での営業職を経て、化粧品メーカーの数ブランドの広報・PRを歴任。2015年より現職。暗闇フィットネス市場を日本に創出したFEELCYCLEやトランポリンフィットネスjump one、全国300店舗以上を展開するホットヨガスタジオLAVA等の広報PR責任者として勤務。

暗闇の中、大音量の音楽に合わせてフィットネスバイクをこぐ「FEELCYCLE」

「FEELCYCLE」とは、そもそもどのようなジムプログラムなのだろうか。

下渡さん「FEELCYCLEとは、発祥地であるニューヨークを中心として、アメリカ全土に普及し、現在世界中で爆発的な人気を誇る“暗闇バイクエクササイズ”です。暗闇の中、大音量の音楽と照明演出に合わせて、インストラクターがペダルのリズムや負荷、運動内容(立ち漕ぎ、前後左右運動など)を指示して、運動を行います。

ペダルの回転数や負荷の調整によって、各自が運動レベルをコントロールしていくため、性別や運動経験にかかわらず、カップルや仲間と一緒に同じレッスンを楽しむことが可能です」

多大なカロリー消費&ヒップやインナーマッスル、腹筋を鍛えることができる点が特徴

「FEELCYCLE」を行うことで、どういった効果が期待できるのだろうか。

下渡さん「サドルの位置を腰骨の高さまで上げて、足をペダルに固定してバイクを漕ぐため、軽負荷高回転でマラソンのような効果があり、足の裏やヒップ、インナーマッスルや腹筋を鍛えることができます。

また、本場アメリカでは、『バイクレッグ』と呼ぶほどの引き締まった美しい脚を手に入れることも可能。

さらに、個人差もありますが、1レッスン45分間で約800kcal消費できますし、全身で音楽を感じながら、インストラクターや仲間と一緒に汗を流すことで、一体感や爽快感も得られます」

想像よりも激しい運動なので、レッスン前には適度な食事が不可欠

多大な運動量を誇る「FEELCYCLE」を行う上で、避けるべき注意点はあるのだろうか。

下渡さん「『FEELCYCLE』は、今まで運動が続かなかった人でも、『楽しいから生まれて初めて運動が続いた』と言ってくれるジムエクササイズです。

ただ初めてチャレンジする人ですと、思ったよりも激しい運動だと感じるかもしれませんので、レッスン前に食べ過ぎたり、空腹のままエクササイズすることのないように、適度に食事を摂るようにしましょう」

最後にアドバイザーからひと言

「『FEELCYCLE』は、クラブのような雰囲気で、気分を上げながら運動に集中できます。ぜひ一度トライアルレッスンをしてみてください!」

Text by Akihiro Fukuda(Seidansha)