u3010u57fau790eu77e5u8b58u3011u4ecau3055u3089u805eu3051u306au3044u304au9152u306eu77e5u8b58uff01u30d3u30fcu30ebu30fbu767au6ce1u9152u30fbu65b0u30b8u30e3u30f3u30ebu306eu9055u3044u3068u306fuff1f
- NOMOOO powered by éditeur -

【基礎知識】今さら聞けないお酒の知識!ビール・発泡酒・新ジャンルの違いとは?

お酒の代表格と言えば、ビール。仕事帰りの一杯は格別ですよね。最近では、発泡酒や第三のビールが登場していますが、これらの違いは知ってますか?今回は、ビール、発泡酒、第三のビールの、定義を確認してみましょう。

    目次

  • ビールの定義とは?
  • 発泡酒の定義とは?
  • 新ジャンル(第三のビール)の定義とは?
  • 終わりに

  

ビールの定義とは?


ビールは、麦芽、ホップ、水を原料に酵母で発酵させたアルコール分20度未満の酒類を指します。副原料として麦などを使用したものもビールに定義されますが、麦芽比率が50%以内のもの限定です。副原料を一切使用していないビールは、CM等でおなじみの麦芽100%ビールになります。

発泡酒の定義とは?


麦芽や麦を原料の一部とした発泡性を有するアルコール分が20度未満の酒類ですが、市場で販売されているアルコール分が10度未満麦芽重量が25%未満のものを指します。ビールでは認められていない副材料を使っているもの、麦芽使用率が66.7%未満のものが分類されるのです。
 
ちなみに、ベルギーなどの輸入ビールなどにみられる果物の果汁やスパイスなどを入れられたビールは、日本の法律上、この発泡酒に分類されています。

新ジャンル(第三のビール)の定義とは?


ビール、発泡酒以外の酒類で発泡性を有するアルコール分が10度未満のもので、第三のビールとは各種メディアによって作られた用語です。ビールにも発泡酒にも属さないようにするため、原料を麦芽以外にする「その他の醸造酒」、発泡酒に別のアルコール飲料を混ぜる「リキュール(発泡性)」などの手法が使用されています。

終わりに


ビール、発泡酒、第三のビールについて、いかがだったでしょうか。意外とこの3つの違いについて知らなかった方も多いかと思います。ちょっとした豆知識として、友達に披露するのも良いですね。
 

こちらの記事もおすすめです

いつもの缶ビールがこんなに美味しく!是非知っておきたい缶ビールを美味しく飲むコツ5つ


手作りビールはこうして作れる!手作りビールの作り方と注意点


ウイスキーのダブルって何?バーで自慢できるウイスキーの豆知識