pixta_33324276_S_R(2)
- ダイエットを成功させるなら、コレを知っておこう! -

忙しい40男こそ! 食事を変えるだけで代謝がアップするって本当?

デスクワークに追われ運動不足になるだけでなく、年齢を重ねることによる代謝の低下で、どうしても太りがちになる40代男性。再び代謝をアップさせるためには、激しい運動よりも、まず日々の食生活を見直すことが重要という。『食事10割で代謝を上げる』の著者に詳しく聞いた。

■今回のアドバイザー
ボディワーカー
森拓郎さん

ファッションモデルや女優など、体を資本とした女性などを中心に、ピラティスや美容矯正など足先から顔までのボディメイクを指導。 メディア出演、記事監修、指導者育成、『食事10割で代謝を上げる』などダイエット本を多数執筆。

日々の食生活を見直すことだけでも、十分に代謝をアップさせることが可能

森拓郎さんが提唱する、食生活改善だけで代謝を上げるダイエット法。そのしくみは、どのようなものなのか?

森さん「私がいう“食事10割”とは、ダイエットや健康的な生活を送るために必要な代謝アップを目指すためには、運動よりも日々の食生活のほうが圧倒的に重要、ということを意味しています。

食事で代謝を上げるためには、体に不必要なカロリーを抜くのではなく、体に必要な栄養素を入れることが大切です。年齢を重ねてからのダイエットは特に、引き算ではなく足し算が基本になります。ただ“減らす”食事制限だけでは、それ自体が代謝を下げる行為であり、もっと痩せにくくなってしまいます。“食事10割”で代謝を上げるためには、いかにして効率的に体に必要な栄養素を取り入れるかが、重要なポイントです

もちろん体のため、ダイエットのために運動した方がいいのは間違いありません。食事で代謝を上げる方法は、特に運動が苦手な人、もしくは運動する時間がないという方に有効な手法ともいえるでしょう」

ポイントは「タンパク質」と「ミネラル」。代謝を上げる食事とは?

では、 “代謝を上げる食事”とは、一体どんなものなのだろうか?

森さん「まず1つめのポイントは、高糖質+高脂質になってしまう食事を減らすこと。主にエネルギーとなる高糖質、高脂質が多いファーストフードのような食事ばかりだと、エネルギーが体内で余ってしまい、使い切れない分は体脂肪として蓄えられるだけでなく、細胞へのダメージとなり、代謝が下がります。まず、そうした食事を避けることが第一です。

次にたんぱく質をベースに食事を摂ること。たんぱく質は、筋肉だけでなく肌や髪や爪などの体の構成要素、さらにはホルモンなどの原料となります。たんぱく質がないと体の代謝が上手く回らなくなります。肉、魚、卵、大豆などのたんぱく質が多い食材を主菜として、常に食事に摂り入れるようにすることが大事です。

そして、ミネラルビタミンが摂れる食事にすること。ミネラルビタミンというと、野菜や果物をイメージしますが、実は高たんぱくな、肉、魚、卵、大豆だけでもミネラルビタミンがしっかり摂れるのです。そこに緑黄色野菜や海藻類、ナッツ類などを付け加えると、より代謝が上がりやすくなりますよ」

ルールを守ったとしても、極端な節食は危険! 

代謝アップの食事を心がける場合でも、やはり注意すべき点があるようだ。

森さん「食事で痩せようとする場合、断食やスムージーなど、極端な方法に走りがちですが、それはやめましょう。昨日食べすぎたから今日は食べないように、など食事量の差し引きだけでダイエットを考えないようにしてください。不要なものの食べ過ぎは代謝を下げますが、食べる量を減らすことで、さらに代謝が下がるという悪循環に陥ってしまいます。積極的に高栄養な食事を摂ることが、代謝アップに繋がることを日々、意識しましょう!」

最後にアドバイザーからひと言

「積極的に食べて、代謝を上げましょう!」

Text by Akeno Kataoka(Seidansha)